スリーシップス・プレミアムセレクト 5年 43%

ワールドベストを獲った南アフリカのブレンデッド。スコッチブレンデッドの正統を受け継ぐ。なかなか良い。

THREE SHIPS Premium Select 5Y. 43%


評価:★★☆

CP:☆☆☆☆

価格:☆


ボトル紹介

南アフリカ産のブレンデッドウイスキー。WWA2012ではワールドベストブレンデッド獲得。

南アフリカにあるジェームズ・セジウィッグ蒸留所からリリースされているブレンデッドウイスキー。

国内ではあまり知られていないかも知れませんが、WWA2012ではワールドベストブレンデッドを獲得したブレンデッドウイスキーでもあります。

マスターディスティラーにはイギリス人のアンディ・ワッツ氏が携わっています。もともとはクリケットのプロ選手としてイギリスから南アフリカへとやってきた同氏ですが、そんな彼が蒸留所のマスターディスティラーに就任するまでの詳しい経緯については過去のウイスキーマガジンの記事が詳しいので読んでみてください。

このボトルについて、遡ること2年も前に記事にしていたブログとして、蒸留所の写真展も開いた「鯨/K6」氏のブログである「酒は人生の妙薬」も併せてご覧いただければと思います。


テイスティング

非常にスコッチライク。バランスが良く、甘さと微かなスモーキーさのあるブレンデッドウイスキー。

イギリス人がマスターディスティラーだからなのか、非常にスコッチライクな味わいのブレンデッドウイスキーだと思います。

香味バランスはしっかりと取れていて、バニラやザラメを思わせる甘さと微かな内陸ピートを思わせるスモーキーさが良い仕事をしている印象です。何も知らなければスコッチのブレンデッドだと言われても違和感がありません。

熟成期間は5年ですが、樽香は華やかで、熟成が早いというか、やはり暖かい地域では樽由来の香味の抽出は早いなと思わせる印象の香味でもあります。

全体としてはブレンデッドウイスキーに割と良くある構成なのですが、複雑さはないものの熟成年数から予想されるような原酒の若いニュアンスが全くなく、ブレンデッドらしい口当たりの軽やかさに加え、樽や原料の甘さが前に出てきています。ボディも比較的保たれていると言っていいでしょう。

それゆえに可もなく不可もなく、ウイスキーとしての完成度は意外と高いと感じました。

3000円以下で購入できますが、ブレンデッド ではジョニーウォーカーブラック、シングルモルトではグレンモーレンジ10アラン10タリスカー10など、それぞれ味わいに違いはありますが、だからこそ同価格帯ではライバルは多いです。しかし、スコッチ以外、ジャパニーズ以外のブレンデッドだからといって舐めるわけにはいかないレベルのブレンデッドウイスキーだと思います。

独特の個性はありませんが、試しに買ってみると、意外と家飲みにはピッタリと収まるボトルになるのではないでしょうか。


テイスティングノート

香り:

穏やかだが甘い香り立ち。煮詰めた穀物の甘さとザラメの甘さと穏やかなスモーキーピート。穀物の甘さに加えて穏やかで甘いウッディネスで、バニラ、時間を置くとバニラアイスクリーム。その後からほんのりと蜂蜜、オレンジ。内陸ピートを思わせるスモーキーなピート感も微かに感じられる。

味わい:

口当たりは優しい。穏やかなウッディネスと胡椒を思わせる穏やかなスパイス。穀物とザラメ、バニラの甘さ。ボディは中程度。

余韻:

味わいの甘さを少し引き継いだ後から、生姜と胡椒を思わせる穏やかなスパイス感とドライさがじんわりと続く。余韻の長さは中程度。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中