Glenlivet 1981-2011 Over 30 Years 49.8% LMDW

香りが良いだけに他が惜しい。




評価:惜しい。





香り:
穏やかで典型的だが洗練されたスペイサイダー。華やか。切ったばかりのフレッシュで甘酸っぱい林檎、洋梨、熟したオレンジ、オレンジマーマレード、スウィーティー。

味わい:
フルーツ香を少しの間だけ引き継いだ後は、麦芽の甘みが主体的になる。その後に口腔内にミントの清涼感。ボディは厚くない。

余韻:口当たりからそのまま移行する。ミント、ユーカリのような清涼感のあるフィニッシュ。麦芽の甘さを残す。香りにあったフルーツ香は弱いながら残る程度。

このグレンリヴェットは、フランスの酒販店兼インポーター、La Maison Du Whisky(LMDW)のオリジナルシリーズ『ARTIST』の、記念すべき第一弾ボトリングのうちの一つです。同じラベルデザインでグレントファースもあったと記憶しています。

印象的な女性の肖像はシンガポール出身の女性アーティストWarren Khongの手によるもので、それぞれの女性の髪の毛にはその女性のキャラクターについての細かい説明が書かれています。

さて、このグレンリヴェットですが、さすがの長熟と言うべきか、とにかく香りが素晴らしく洗練されていて、スペイサイダーのお手本とも言うべき仕上がりです。

ただ、残念ながらボディーが弱く、香りにあったフルーツ香は口に含むと鳴りを潜めてしまい、すぐに麦芽の甘さにバトンタッチしてしまいます。悪くはないのですが、個人的にはもう少しフルーツ香が最後まで主張して、かつ麦芽感と渾然一体となってくれたもののほうが好みです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中