CAOL ILA 2006-2015 52.9% THE AULD ALLIANCE AWARDS 2015

香りだけなら典型的なヤングカリラ。しかし口に含むと突然に印象が変わる。


香り:金属的でクレゾールを思わせるピート、原酒の荒々しい麦感、プレーンな樽香、典型的なヤングカリラの印象。

口当たり:これは面白い!今までの荒々しさが鳴りを潜め、麦の甘さから雑味が消え、透明感が出てくる。ピートも滑らかに。口当たりは度数相当に力強い。

余韻:染み込むような余韻。その後じわじわとホットに。度数由来のスパイシーさと原酒由来の麦の甘さが広がる。


引き続いて、こちらもBar Nadurraさんで頂いたものです。
ラベルに記載されている文句の煽りっぷりに中々痺れますが、ヤングカリラだと侮ることなかれ、ノージングでの印象は口当たりで完全に覆されます。面白く、驚きのあるカリラだと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中