アラン 18年 46% オフィシャルボトル(新ラベル)

「10000円以下で買えるシェリーモルト」というジャンルの新しいスタンダード

ARRAN 18Y. 46%


評価:★★★ Recommend!

CP:☆☆☆☆☆

価格:★


ボトル紹介

デザイン一新なアランのオフィシャルスタンダードから、シェリー主体の18年

こんにちは、ドリンカーズラウンジです。

2019年からアラン蒸留所のオフィシャルスタンダードはボトル形状、ラベルデザインともに一新されましたが、今回のボトルはオフィシャルスタンダードのミドルレンジであるアラン18年です。

そして先に言ってしまいますが、このボトルは10000円以下のオフィシャルスタンダードとして、今後の覇権を握るボトルだなと、個人的には思っています。

つまりコスパが非常に良く、割と手放しでオススメできる優良ボトルだということです。


テイスティング

ちょっと贅沢な家飲みシェリーモルトとして、おそらく今後の覇権をしばらく握る

旧ボトルの18年も評判の良かったアランですが、今回のニューラベルの18年でもやってくれました。

色味からも分かるようにシェリー樽熟成原酒が主体のシングルモルトで、旧ボトルの原酒構成は継承されていると言えますが、比率はおそらく異なる印象です。具体的にいうと、旧ボトルの18年はどちらかというとバーボン原酒の比率が高い印象ですが、この新ボトルの18年はシェリー原酒の比率が上がっている印象があります。

味わいはミディアムシェリー&フルーティー。アラン原酒のフルーティーさにシェリーカスク由来の優しい香味が綺麗に乗っている構成で、しかも年数相当の熟成感も備わっています。この香味バランスは素晴らしいです。もちろんですが、サルファリーなどのネガティブな要素も全くありません。

アランらしさを活かしつつ、シェリー由来の香味とうまくバランスが取られていて、アランが好きな飲み手にもシェリーモルトが好きな飲み手にも刺さる仕上がりだと思っています。

これが10000円以下で買えるのであれば、それすなわち覇権。異議なし。

僕が認定する「ちょっと贅沢な自宅飲み用のシングルモルト、シェリーモルト部門」において、おそらく今後の覇権はしばらくこいつが握ります。

というわけで、シングルモルトが好きな飲み手には、とりあえずおすすめできるボトルだと思います。Recommendです。

Twitterで呟いてからこの記事をあげるまでに結構時間が経ってしまっていて(絶対UPしてると思って下書き見たら残ってた…)、その間に予想通り覇権を握ったみたいで一安心なんですけど、おかげさまでこの記事ものすごく今更感ありますね(笑)

そんなわけで、最近勢いに乗っている印象のあるアラン蒸留所。これからも動向をチェックしたいと思っています。

旧ボトル18年との比較記事は、「くりりんのウイスキー置き場」の記事が両者の香味バランスの違いにも言及していて秀逸です。


テイスティングノート

香り:

穏やかに始まるが徐々に強くなる。フルーティーでありつつ、シェリーカスクの個性もきちんと感じられる。林檎、パイナップル、レーズン。奥から僅かにバナナ、葡萄の皮。

味わい:

度数相当で比較的しっかりとした口当たり。シェリーカスク由来のレーズン感に少し土っぽい要素が加わり、心地よい収斂も現れる。フルーティーさは香りから引き継がれ、麦芽の熟成感と樽由来のスパイス感も伴ってアップルパイとシナモンのニュアンス。ボディは中程度で、継ぎ目なく余韻へと移行する。

余韻:

味わいから継ぎ目なく移行し、林檎、洋梨、少しのアプリコット、レーズンがじんわりと持続する。

コメントする