アラン 21年 46% オフィシャルボトル(新ボトル)

旧ボトルのネガティブ要素を払拭した、新しい21年。

ARRAN 21Y. 46% OB


評価:★★★ Recommend!

CP:☆☆

価格:★★


ボトル紹介

装いも新たにリリースされた、オフィシャル最長熟アラン

アラン蒸留所のオフィシャルラインナップは、2019年後半からラベルデザインやボトルデザインが一新されました。

このボトルは新しくなったアラン蒸留所のオフィシャルボトルの中で最長熟に当たるアラン21年です。

オフィシャルスタンダードですが、以前と同じく年間生産数限定ボトルです。

もちろん冷却濾過や着色はされておらず、デザインこそ変わりましたがアラン蒸留所が創業時から貫いている姿勢は変わりません。

原酒構成はファーストフィルとセカンドフィルのシェリーホグスヘッドで熟成した原酒のみをブレンドしているそうです。


テイスティング

旧21年のネガティブ要素を払拭。隙のない味わいで、プレミアム感もきちんとある。

このリニューアルしたアラン21年ですが、はっきりとオススメボトルだと言えます。

香味全体からは以前記事にした旧ボトルのアラン21(ファーストリリースに当たるボトル)に見受けられた野暮ったさやフェインティさがなくなりました。

更に、香味全体のバランスも上手く取れ、欠点らしい欠点が見当たらず、誰が飲んでも一定以上に美味しいと思えるという、今までのアランにあった優等生的な部分は長所として受け継がれています。

シェリーカスク熟成の原酒のみを使用していますがそれだけに頼らず、麦芽香には年数相当にこなれた熟成感がきちんと感じられ、レーズンバター、林檎、奥からアプリコット、オレンジなど、熟成年数に裏打ちされた複雑なフルーツ香も現れてきます。

加水ながら46%という高めの度数によって一定以上の飲み応えを保ってくれているところも、変わらずにアランらしいと言えるでしょう。

全体として隙のない味わいで、「オフィシャルスタンダードの年間限定プレミアムライン」という役割を見事にこなしてくれていると思います。安くはありませんがRecommendしたいと思います。


テイスティングノート

香り:

ややしっかりとした香り立ちで、麦芽の熟成感とフルーツ香が織りなす複雑さが感じられる。レーズンバター、林檎、オレンジマーマレード、酸味の強いアプリコット、奥から麦芽の熟成感。

味わい:

口当たりには加水の滑らかさがありつつ、飲むとしっかりとした麦芽感、熟成感が感じられる。穏やかなウッディネスと弱い収斂、焦がした砂糖。ボディは中程度。

余韻:

麦芽の熟成感、弱いウッディネスを引き継ぎ、レーズンとスパイス。ホワイトペッパー、弱いシナモン。

コメントする