グレングラッサ 1978 – 2005、27年 50% OMC

失われた味わい。バーボンカスクの個性の奥からゆっくりとメロンが香り立つ。

GLENGLASSAUGH 1978-2005, 27Y. 50% DL OMC


評価:★★★☆

CP:NR

価格:NR


ボトル紹介

分社化前のダグラス・レインのOMC、今は失われた味わいのグレングラッサ

インディペンデントボトラーのダグラス・レインがハンター・レインと分社化する以前のOMCから、1978年蒸留のグレングラッサ、おそらくバーボンバレル熟成の27年ものです。

コルクのシーリングに、今は見られない黒と赤の線が入っています(先日投稿したブローラも同様です)


テイスティング

オレンジやバニラといったバーボンカスクの個性に、ゆっくりとメロンの甘みが乗る

美味しいグレングラッサです。

オレンジ、バニラ、パイナップルと、バーボンカスク由来であろうフルーティーさの奥からゆっくりと現れるメロンの甘さが、失われた70年代のグレングラッサを感じさせてくれる味わいだと思います。

70年代のグレングラッサはオールドボトルの中でもまだ価格高騰がそれほどでもない印象なので、このボトルに限らず探してみようかなと思ったりしました。


テイスティングノート

香り:

しっかりとした香り立ち。バーボンカスク由来のオレンジ、バニラ、心地良いウッディネス、蜂蜜、パイナップル、ゆっくりとメロン、メロンは少しずつ強くなる、仄かな内陸ピート。

味わい:

ややしっかりとした収斂、ドライさ、そこからパイナップル、蜂蜜、林檎、溌剌とした麦芽感と複雑な熟成感が混在する。

余韻:

やや強くなった樽由来の収斂を引き継ぎ、ドライさ、生姜のスパイス感、じんわりと長く続く。

コメントする