キルホーマン 2009 – 2019、9年 50% “100% ISLAY” 9th エディション

大推薦。8thよりも香りと味わいのコクがアップ。

KILCHOMAN 2009-2019, 9Y. 50%


評価:★★★☆ Recommend!

CP:☆☆☆☆☆

価格:★


ボトル紹介

2019年リリース、原料も産地も全てアイラ島の第9弾

アイラ島に2005年に創業したキルホーマン蒸留所からリリースされた「100%アイラ」と銘打たれたボトルの、2019年度版です。

ネックラベルによると、2007年と2009年に収穫された麦芽から蒸留された原酒を使いていて、バーボンバレルで熟成させた43樽をヴァッティングしているそうです。

スモールバッチを旨とするキルホーマン蒸留所らしく、このボトルも本数限定ですが、ボトリング本数は今までのリリース同様全世界で12000本と、比較的入手しやすいボトルです。

ただ、今回のボトルは…めっちゃ良いですよ。


テイスティング

良さが光った8thの味わいを余裕で超えてきた。今後のリリースにも期待が膨らんでしまう。

激推しボトルです。

飲んでみてください。そして、買いに走ってください。

フルーティーアイラであり、麦芽の旨味が濃く、9年という短めな熟成年数をものともしない、豊潤な味わいを備えたシングルモルトだと思います。

仮に経年変化させたとしても、60年代蒸留以前の超オールドボトルに見られるような、何物にも替えがたい「シングルモルトそのものの旨味」を身に纏うのではないかとすら思っています。

一年前に記事にしたキルホーマン100%アイラ8thも、「その当時までのキルホーマン史上一番良い」と感じた素晴らしいシングルモルトでしたが、個人的に9thはそれを超える味わいだと感じています。

香り立ちも味わいも、8thより更にコクが深まっていて、飲み比べてみるとそれがよく分かるのではないかと思います。ピートスモーク、シナモン、アップルパイ、グレープフルーツ…。フルーティーアイラモルトとして必要十分です。

確かに、熟成感に由来するような渾然一体感はないかも知れません。しかしシングルモルトの、更に言えばウイスキー全体の魅力は、それだけではないことを、このボトルが証明してくれます。

フルーティーさ、麦芽感、アイラピート。その全てのしっかりとした仕事ぶり。それらをきちんと感じさせる仕上がりにも関わらず、10000円を切るとコスパの高さ。

アイラモルトファンであれば必携、そうでなくても一度は飲んでほしい、そんなシングルモルトです。近年オフィシャルボトルの白眉だと言えると思います。

今までのキルホーマンのオフィシャルボトルとしては最高のリリースだと思っています。

こうなってくると10thはどうなるんだろう…。マジで楽しみすぎるんですけど!

キルホーマン、やっぱりこれからも注目せざるを得ない蒸留所です。


テイスティングノート

香り:

しっかりした香り立ち。フルーティーなアイラモルト。スモーク、シナモンアップルパイ、塩を振りかけたグレープフルーツとバレンシアオレンジ、香ばしさと甘さを伴う太い麦芽香。

味わい:

しっかりとした口当たりで度数相当。潮気と濃密な麦芽の甘味、蜂蜜、グレープフルーツ。ボディは厚い。

余韻:

グレープフルーツと穏やかな潮気を引き継ぎつつ、穏やかなドライさと収斂を伴うウッディネス、ほんのりとバニラ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中