第一回ドリンカーズラウンジを名古屋で開催しました。

The first gathering Drinkers Lounge at Bar Rubin’s-vase in Nagoya, Japan.


評価:★★★★★ Recommend!

CP:☆☆☆☆☆

価格:☆


名古屋で持ち寄り会を開催しました。

Twitterとfacebookで以前告知していた持ち寄り会「第一回ドリンカーズラウンジ」が、2019年10月27日に名古屋のBar Rubin’s-vaseさんで開催されました。

最初に予定されていた参加者定員15枠は早々に埋まり、追加の5枠も順次全てが埋まった結果、当日は参加者スタッフ合わせて総勢24名、ボトルは参加者のものだけでぴったり50本、スタッフ持参のものも合わせると総数54本以上(正確に数えきれなかった…)が集まりました。


素晴らしいボトルの数々

皆さんに持参していただいた素晴らしいボトルの数々をこの記事に全て掲載してしまうと容量が大きくなりすぎてしまう(そして容量を下げるとボトルの詳細が分かりづらくなってしまう)ため、Twitterのリンクを掲載したいと思います。

コメントを辿るとボトルの写真を見ることができます。

万が一「掲載されてないボトルがある」方!もしあれば本当にすいません!掲載しますので必ずご連絡下さい…!


人に恵まれた結果、成功した会

今回初主催となった「第一回ドリンカーズラウンジ」ですが、全体的に成功裏に終わったのは一重に参加者の皆さんとお手伝いいただいたスタッフの皆さんのおかげです。拍手で始まり、拍手で終わることができました。

これはお世辞でも何でもなく、一夜明けて冷静な頭で考えても言葉通りの意味だったと思います。

全体的に成功裏に終わった、という以上に、僕自身が今まで何度も参加してきた様々な持ち寄り会全体の中でも、満遍なく、そしてほとんど最高のクオリティのボトルが集まった持ち寄り会だったのではないかと思っています。

ただ、主催者としての自分自身を振り返ると、反省点や改善点は非常に多いです。これも冷静に考えて言葉通りの意味でそうでした。

僕は今後も同様の持ち寄り会を全国各地で開きたいと強く思っています。そのためにも、今回の持ち寄り会をきっかけに、次回も今回以上の会にするためには様々に練り直しを行う必要があると感じました。

全国の飲み手と一緒に開く持ち寄り会「ドリンカーズラウンジ」の次回開催はおそらくまだ少し先になると思いますが、その際にはもっと皆さんに参加していただきやすく、更に飲み手とバーの交流の架け橋になるようなものにしていきたいと思っています。

最後になりましたが、場所を提供していただいたBar Rubin’s-vaseの伊藤さん、お手伝いいただいたスタッフの皆さん(静岡Barブルーラベルの渡邊さん、平塚のロブさん、群馬の根本酒店の根本さん)、そしてあらためて今回参加していただいた参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中