スプリングバンク 2009 – 2018, 9年 57.7% ローカルバーレイ

熟成年数と美味しさは必ずしも比例しない

SPRINGBANK 2009-2018, 9Y. 57.7% Local Barley


評価:★★★ Recommend!

CP:☆☆☆☆☆

価格:★☆


香り:

しっかりとして甘い香り立ち。フルーツ、オイリーさのある濃密な麦芽、林檎、蜂蜜。

味わい:

しっかりとした口当たりで度数相当。濃密な麦芽とフルーツの甘みが複雑に絡み合う。キャンディ、麦芽の溌剌とした甘み、潮気とミネラル感。

余韻:

濃密な印象があり、弱くオイリー。暖かい。ブリニーさミネラル感を伴いながら麦芽の旨味がじんわりと持続する。


ボトル紹介

2019年リリースのローカルバーレイは過去最短の熟成年数

2016年に復活販売され、その後も毎年リリースが継続しているスプリングバンクのローカルバーレイ。

今年のリリースは昨年の10年熟成より更に短い9年熟成で、リリース中で過去最短の熟成年数。ボトリング本数は9700本、バーボンカスク80%、シェリーカスク20%という構成だそうです。


テイスティング

熟成年数と味わいは必ずしも比例しないことの好例

ローカルバーレイはいつも国内輸入より早く海外で発売されますが、その時は熟成年数の短さを嫌い、購入を控えたボトルでした。しかし国内リリース後にバーで飲んでその印象は覆ることになります。あのとき数本買っておけば良かったよ…

少し飲んだだけなのでテイスティングノートは簡素ですが、美味しいボトルだと思います。

表題通り、熟成年数は必ずしも味わいとは比例しないことを示す好例となるボトルです。麦芽の甘さに合わさって感じられるキラキラと弾けるキャンディを思わせる甘さはバーボン樽由来でしょうか。ブリニーさ(潮気)やミネラル感もあって、近年のオフィシャルボトルにあるスプリングバンクらしさもしっかりと感じられます。

こういう予想外に美味しいボトルはどうしてもオススメですが、わざわざ言われるまでもなく、国内はもとより海外でもしっかりと完売したようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中