キルホーマン 2018 100%アイラ 8thエディション 50%

とても良い。ピーティーでフルーティーなアイラモルトです。

KILCHOMAN 100% ISLAY 8th Edition 50%


評価:★ ★ ★ Recommend!

CP:☆ ☆ ☆ ☆

価格:★


香り:

しっかりとした香り立ち。潮気を伴うアイラピートと柑橘系のフルーツエステル。燻製香、グレープフルーツ、バレンシアオレンジ。ピーティーでフルーティー。

味わい:

口当たりは度数相当にしっかりとしている。クリーミーさのある溌剌とした麦芽の甘み、燻製香にややオイリーでナッツの印象が加わる。そこにバーボンカスクを思わせるバニラの甘さと樽由来の収斂が穏やかに広がる。

余韻:

潮気と燻製香のあるアイラピート、僅かにオイリーさのある麦芽の甘みを引き継ぎ、グレープフルーツ香を残す比較的長い余韻。


基本的に小規模ロット生産。限定ボトル主体のキルホーマン蒸溜所

キルホーマンは2005年に創業の比較的新しいアイラ島の蒸溜所です。

同蒸溜所のカスクマネジメントは日本の秩父蒸溜所も参考にしたことは地味に有名です。

ここ数年の出来がとても良く、個人的にもオススメのアイラモルトなのですが、2018年リリースされたこのボトルも期待以上の出来でした。


コスパの良いフルーティーアイラ

アイラピートにはフルーティーさが合わさることでキャッチーで美味しい仕上がりになることに加え、原酒の若さといったネガティブな要素を上手くマスクする作用があると思っているのですが、このボトルはそうした特徴を上手く活かした、非常に見所のあるアイラモルトだと思います。

人によってはピート香よりもグレープフルーツを思わせるようなフルーティーな柑橘香を先に拾うかも知れないほど、フルーティーに振れています。

分類するならヤングアイラであり、熟成感はありません。しかし原酒のネガティブな若さは目立たず、仕上がりとしては文句のないものだと思います。


アイラのメジャー蒸溜所に飽きてしまったのであれば是非とも試してほしい

現行アイラモルトとしても、このボトルは特にオススメです。

例えばボウモア、ラフロイグ、ラガヴーリン、アードベッグ、カリラといった、ピート強めのアイラ島のメジャー蒸溜所のオフィシャルスタンダードを一通り飲んでいたとして、もしキルホーマンを試していないのであれば、是非一度このボトルを試してみてほしいです。

2005年の設立から既に13年以上が経つ現在、もはや新興蒸溜所の若いシングルモルトの範疇を超えつつあります。

純粋にボトルの完成度が高く、侮れないレベルになりつつあると思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中