シングルトン・オブ・グレンオード 12年 40%

これじゃなくてもいいと言われればそれまでだが、味わいは悪くない。

SINGLETON OF GLEN ORD 12Y. 40%


評価:★ ★ ☆

CP:☆ ☆ ☆

価格:☆


香り:

穏やかで甘い香り立ち。穏やかなウッディネス、バニラ、蜂蜜。穏やかな麦芽香、べっこう飴、林檎、洋梨。

味わい:

優しい口当たり。樽由来の甘みが少し強まり、濡れた木材の印象がうっすらと現れる。弱い収斂。続いて麦芽の甘み。若さは感じられるものの気にならない程度。ボディは軽い。

余韻:

余韻は短く、樽の甘さと若干のエグミを残しながら僅かなドライさで終わる。


アジア向けに発売されたシングルトン

もともとはオスロスク蒸溜所のシングルモルトを発売する際に、オスロスク(Auchroisk)の発音が難しく親しみづらいと言う理由で出来たブランド名が「シングルトン」の始まりです。

その後、オスロスク蒸留所からシングルトモルトのリリースがほぼ行われなくなり、結果としてブランド名「シングルトン」だけが残り、現在まで続いています。

少し前まではアジア向けに「グレンオード」ヨーロッパ向けに「ダフタウン」、アメリカ向けに「グレンデュラン」地域毎に異なる蒸溜所のシングルモルトが「シングルトン」の名前でリリースされていました。

大胆に言ってしまえば、Diageo社がリリースするブレンデッドウイスキー用のマイナー蒸溜所の原酒をボトリングするシリーズだと考えてもらえば分かりやすいでしょうか。


特徴に乏しいが、割と華やか

特徴には乏しいですが、言うほど悪くないボトルです。

加水とチルフィルにより香味は均され、ボディは軽く、余韻も短いですが、このボトルに関しては樽由来の香味が他と比べて少しだけ強いことが全体のバランスを保つのに役立っているのではないかと思われます。やや若さは感じられますが、これもある程度まで目立たなくなっています。


実は終売品

現在はアジア向けのリリースもダフタウンに変更され、このシングルトン表記のグレンオード、実は終売ボトルのようです。

なのにマイナー蒸溜所の宿命なのか、あまり気にかけてもらえていないようで、国内市場を探せばまだいくらでも見つかるボトルです。

今のところ価格も当時からほとんど変わっていないので、買ってみても良いのかも知れません。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中