ラフロイグ 16年 43% 200周年記念ボトル、免税店限定

同じ200周年記念ボトルの15年と比べると少しウッディネスが強く、力強い飲み応え

LAPHROAIG 16Y. 43% 200th Anniversary. Travel Retail Exclusive


評価:★ ★ ★

CP:☆ ☆

価格:★ ★(700ml換算)


香り:

しっかりとした香り立ち。ヨードピートとバーボンカスクを思わせる甘い樽香。ヨード、バニラ、パイナップル、グレープフルーツ、甘いウッディネス。

味わい:

口当たりは優しいが、味わいはしっかりとしている。ややウッディネスが強くなり、パイナップルとピンクグレープフルーツを思わせる甘さが広がる。未熟なニュアンスはない。ミディアムボディ。

余韻:

甘みを引き継ぎ、じんわりと続く。穏やかなドライさ。ピートに灰や土のニュアンスが現れる。


2015年に200周年を迎えたラフロイグの、免税店向け記念ボトル

2015年にラフロイグ蒸溜所は創業200周年を迎え、数種類の記念ボトルがリリースされたわけですが、そのうちで免税市場に向けてリリースされたのが今回のラフロイグ16年です。

一般市場に並行輸入品として流通し始めたのは2016年後期から2017年にかけてだったので、免税店の品物の入れ替え時期だったのでしょうか、発売からはかなり遅れた印象でした。

リリース当時に既にバーで飲んではいたものの、発売がアナウンスされた際には記念ボトルということもあって数本購入し、これは自宅で開けた一本です。

ラフロイグの200周年はモルトドリンカーの間では一大イベントだったため、リリース当時は数々の200周年記念ボトルが様々なバーで抜栓されました。このボトルも既に多くのドリンカーによってテイスティングノートが書かれているボトルではありますが、せっかくなので遅ればせですが自分も記録を残しておこうと思います。


甘さとピートのバランスが良く、ウッディネスは15年に比べて少し強い。

ラフロイグの200周年記念ボトルはどれも見所がありますが、中でも15年、16年、21年は香味の系統が比較的似ています。

今回の16年は15年に比べて樽感がややしっかりと付いている印象で、ウッディネスとバニラを思わせる甘い香味を強めに感じることが出来、それが飲み応えに寄与しているという印象を持っています。43%の加水ボトルですが香味が潰れることもなくバランスにも優れ、非常に良くできたボトルだと言えると思います。


個人的に15年と16年を比較すると、私自身としては甘さを残しつつ全体的な軽さの中に奥深さを感じられる15年のほうがやや好みですが、この辺りは好き好きでしょう。飲み応えは16年に軍配が上がります。

免税店向けのリリースですが、記念ボトルの名に恥じない香味バランスを持った美味しいボトルだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中