グレンファークラス 1987 – 2017, 44.5% Silence Bar 30周年記念 信濃屋向け

シェリーカスクだが、プレーンカスクのような印象も。

GLENFARCLAS 1987 – 2017, 44.5% Shinanoya for Silence Bar 30th Anniversary


評価:★ ★ ★ ☆

CP:☆ ☆ ☆

価格:★ ★ ★ ★


香り:

穏やかな香り立ち。華やかで、皮ごと潰したフレッシュな葡萄ジュース。そこからレーズン。果実の甘さが先行し、併せて麦芽の熟成感のある甘さ。遅れて甘酸っぱいアプリコットの印象も。そこから樽由来のウッディネス、穏やかなタンニン、葡萄の皮や茎を思わせる生木感。

味わい:

しっかりとした口当たり。ウッディネスは香りよりも強くなり、乾いた木材の印象がある。赤ワインのようなキラキラした葡萄の凝縮感。奥から熟成感のある麦芽、ボディはしっかりとしている。タンニンの渋みもややしっかりと感じられるものの心地良い。

余韻:

あまりドライではなく、果実の甘さと穏やかな樽の渋さの後、こってりとした麦芽の甘さが持続する。


香川県丸亀市の全国的に有名なウイスキーバーであるSilence Barさんの30周年を記念して、信濃屋さんと共同でリリースされたオフィシャルボトルのグレンファークラス。

1987年はSilence Barさんの創業ヴィンテージです。


非常に雑味の少ない近年系のシェリーファークラスで、麦芽感とフルーツ感に、どことなくプレーンカスクを思わせる印象を感じさせる味わいが印象的でした。

シェリーの濃厚な香味一辺倒にならない、淡さと奥行きのある、非常に美味しいボトルだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中