ブレンデッド・スコッチ・ウイスキー 30年 40% The CRANE、The Bow Bar、KINKO

発売当時より香味にまとまりが出てきて良くなっている印象。度数以上の味わいの濃さがあります。

Blended Scotch Whisky 30 years old, 40%

specially selected & bottled for The Crane Ikebukuro, The Bow Bar Sapporo, Kinko Satsuma. only 88 Bottles.


評価:★ ★ ★ Recommend!

CP:☆ ☆ ☆ ☆

価格:★ ★


香り:

香り立ちは度数相当に穏やかに始まるが、徐々にしっかりとしてくる。熟成感のある麦芽香と熟した果実のようなエステル香の、穏やかで一体感のある甘さ。フルーツ香は多彩で、探せば探すほどに出てくる。アプリコット、桃、オレンジピール、ほんのりと南国フルーツ感。他に蜂蜜、バニラ、キャラメル、プルーン。下支えをするようにほんのりと草を燻したようなハイランド系ピートも感じられる。

味わい:

滑らかな口当たり。染み込むように口の中に広がる。味わいは度数以上に濃厚で、熟成感のある麦芽の甘味が濃密になり、キャラメル、バター。続いて熟したフルーツ香も香りよりリッチに感じられる。

余韻:

余韻は長くない。熟した果実と麦芽の甘さが消えた後に、淡いハイランド系ピートの痕跡を残す。


酒のキンコーが送る、名店との共同ボトリング

池袋のThe Craneさん(残念ながら既に閉店されています)、北海道は札幌のThe Bow Barさん、鹿児島の酒販店であるキンコーさんの三社合同で2014年にボトリングされた長熟ブレンデッドウイスキーです。

構成原酒や比率は明かされていませんが、中身は1960年代の原酒を使用した贅沢なブレンデッドウイスキーであることが発売当時にアナウンスされていました。


発売当時よりも一体感があり、仕上がっている

発売当時もバーで飲んでいたボトルですが、度数も低いし、あまり置いておくよりもそろそろ飲むべきかな…と、先月抜栓しました。ボトルの保存にはかなり気を遣っていますが、だいたい3年くらい寝かせていたことになります。

そして素晴らしいことに、発売当時よりも美味しく楽しむことができました。

香りには熟成感と一体感があり、探せば探すほどに様々な香りが取れるタイプのウイスキーです。

度数からは想像できないくらい旨味が濃く、誰がどういう比率でブレンドしたのかは気になるところです。


当時のボトル情報の詳細を記載したかったのですが、ネットでの元記事を見つけられませんでした。ただ、ボトリングに携わった各氏の当時のテイスティングコメントは見つけることが出来ましたので、以下に抜粋しておこうと思います。

人の書いたテイスティングノートは常に参考になると私自身は思っていて、例えば飲み手がどこに力点を置いていて、もっとも伝えたかったポイントはどこなのか、人それぞれの言葉の選び方など、そうした部分を読み解いていくのが好きです。

読み解き、分かり合うことの喜びは、他者の存在無くしては成立し得ないことだと思うからです。

というわけで、選定者3名のテイスティングノートを以下にご紹介します。


<THE CRANE 鶴見氏 テイスティングコメント転載>

刺激を求める酒ではない。口に入って、すぐに立ち昇るわけではなく、のどの奥で、じっくりと風合いを愉しむウィスキー。

のどの奥においておくと、爽やかな甘みを、刺激なく充分に愉しめ、余韻も、すべての人に受け止められる素直さを持っている。

刺激を求める時ではなく、一日を振り返って。お酒として素晴らしい出来です。


<THE BOW BAR 本間氏 テイスティングコメント転載>

現代のウイスキー愛好家の要望に見事に応える、ピーチ&南国フルーツの風味が豊かで、中間から最後にかけて麦芽と薬系のピート感、そして自分にとって一番重要な要素である旨みが最後まで心地良く伸びる。

ブレンデッドだが、どちらかと言えば良質で幅と奥行きのあるモルトウイスキーを飲んでいるかのような感覚。

例えばこれがいつの時代にリリースされたとしても、確実にその時代の人々に受け入れられるだろう。


<KINKO 濱田氏 テイスティングコメント転載>

香り:甘い焼き菓子、熟したフルーツ、アーモンド、パウンドケーキ、りんごやさくらんぼ、甘くクリーミー、キャラメル。

味 :フルーティでウォータリー、キウイ、パイン、クッキー、ライ麦パン。

余韻:優しいオークがゆらゆらと優しく長く続く。

感想:1960年代原酒がメインのブレンデッドウィスキー。味わいは素晴らしく、フルーティ。複雑でクリーミーなボディ。自信を持って皆様にご案内する極上の1本。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中