ケイデンヘッド175周年記念

ずっと前に書いていたエントリーなのですが、時期を逸してしまい、そのままになっていました。せっかくなので公開します。

写真がないのは本当にごめんなさいとしか言いようがありません。バンフと、後はローズバンクが良かったです。

リトルミル ★ ★ ★

華やかで力強い香り立ち。バニラ、蜂蜜、やや溶剤感、バーボンバレル、プラム、口当たりは度数相当。ボディはしっかりしている。凝縮感あるフルーツ、粉っぽさ、ケミカルなフルーツととることもできる、紙っぽさも取れる。ダンスのリトルミルに似る。

ローズバンク ★ ★ ★ ☆

バニラ、少し草木を感じさせるグラッシーさ、ミント、オレンジ、クリーム、口に含むとオレンジ、溌剌とした麦芽、ドライさ、収斂のあるウッディネス、レモンと柑橘の余韻

コンバルモア 1977-2017 40年 56.8% ★ ★ ★

しっかりとした香り立ち。レモン、レモングラス、ユーカリといった草木と酸味のある柑橘、奥から麦芽の熟成香。バター、アプリコットジャム、濃密。口当たりはウッディが強く、オイリー。バターを塗ったトースト、麦芽の熟成感と旨み、過熟気味ではある。ドライなスパイシーさは胡椒と唐辛子、口当たりから余韻にかけてピリピリと残る、最後ややパフューミーか?

バンフ ★ ★ ★ ★

甘く、華やか。熟成感と旨みのある麦芽香。僅かにワクシー、陶酔感がある。熟したフルーツ、複雑。度数よりも優しい口当たり。濃密でバターを塗ったトースト、林檎、洋梨、オレンジ、アプリコット、旨みのある麦芽、クリーミー、僅かにバター、僅かにウッディ、満足感が高い。するする飲めてしまう

キャパドニック ★ ★ ☆

香りはリッチだが、樽感が強く、過剰気味。べっこう飴、僅かにミンティ、ミルクチョコレート、黒糖、ザラメ。シェリーバットだが、ffbbのような印象もある。口当たりから余韻にかけてはドライでスパイシー。口当たりで焦げ感と収斂、サルファリーはそこまで強いとは思わなかった。ドライさは強い。

ヘブンヒル ★ ★ 

周囲の香りが一遍に変わってしまうくらい、芳香剤や酸味のある洗剤、溶剤の香り。自分のグラスの蓋を開けるまで、周りの香りを嗅いで「なんだ突然にこの香り!?」と本気で思った。ヘブンヒルの閉鎖してしまった第2蒸溜所のカスク。

酸味が強く、セメダイン。強烈な溶剤香。それらが落ち着くと、蜂蜜、バニラが強烈に香る。口当たりは優しいが口の中で穀物感とアルコールが強烈に主張する。洗剤、タンニンの強い収斂、溶剤、セメダイン。口に含んだ後半から余韻にかけては泡が立ちそうなニュアンス。ソーピーとも違うが、溶剤と、ある種の洗剤?個人的にはもう少し繊細なほうが好み。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中