スペイサイド シングルモルト 1977 37年 46.8% ART+CLUB QING ワールド・バー・ツアー

香りから余韻に至るまでの展開が素晴らしい。熟成感のある複雑な麦芽の甘さが、シェリーカスク由来の香味のヴェールが全て剥がれた後の、余韻の最後に静かに現れる。


ART+CLUB QING “World Bar Tour” Distilled in SPEYSIDE Single Malt Scotch Whisky 1977 37Y. 46.8% Matured in Sherry Wood, by The Whisky Agency, 228bottles.


評価:★ ★ ★ Recommend!

CP:☆ ☆ ☆

価格:¥ ¥ ¥


香り

しっかりとした香り立ち。濃密なシェリーの甘さ。瑞々しさの残るレーズン、プルーン、乾燥させたイチジク。穏やかなウッディネスと優しいスパイシーさ(最後まで飲み下してから再びノージングすると、奥に熟成感のある複雑な麦芽香を追加で感じることが出来る)。

味わい

しっかりとした口当たり。甘さの中から樽由来の収斂がやや強くなり、スパイスを伴ってホットな口腔感覚。麦芽の甘さも感じられるが大人しい。ボディの厚さは中程度。

余韻

余韻は長めで、しかも複雑。口当たりを引き継ぐためホットかつドライに始まるが、熟成感のある麦芽の複雑な甘さが最後に現れる。まずは生姜、胡椒、唐辛子といった多彩なスパイスの刺激。その後にビターチョコレートのほろ苦さとイチジクの甘さが穏やかに現れ、最後に熟成感のある麦芽の複雑な甘さで終わり、それが長く続く。十分に堪能できる。



台湾のインポーターであるアレントレーディング(以下、ART)のプライベートボトルシリーズ『ワールドバーツアー』シリーズから、1977年蒸留のスペイサイドシングルモルトです。

こっそり聞きましたが「話すな」と言われているので蒸留所名は非公開ということになっています。2016年の初頭に、日本のインポーター兼ボトラーの雄である信濃屋さんの独占輸入で日本に入ってきました。


シェリーカスク由来の香味はオールドマッカランにも通ずる素晴らしいもので、厚みがあり、近年発売されたシェリーカスクの中でもレベルの高いものだと思います。

そのシェリーカスクのヴェールを一枚一枚剥いでいくと、熟成年数を重ねたウイスキーのみが纏うことの出来る複雑で奥深い麦芽由来の香味が、ゆっくりと静かに現れてきます。

このバランスには飲んだ私自身驚くと同時に、してやられたと感じました。上質なシェリーカスクで長期間熟成されたウイスキーでないと、こうした香味構成にはならないのではないかと思います。


香りも十分素晴らしいですが余韻の奥深さと複雑さは輪をかけて素晴らしく、そこに向けて徐々に高まるように展開する香味構成がこのボトルの最大の特徴であり、特筆に値する点だと思います。

こうしたボトルが飲めることは、一人の飲み手として本当に嬉しくなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中