マッカラン 1978-1996 18年 43% オフィシャルボトル

優しく雑味のないシェリー香と芯のある太い麦芽の味わいとのバランスが無二な、シングルモルトのロールスロイス。


The Macallan 1978-1996 18Y. 43%


評価:★ ★ ★ ★

CP:NR

価格:NR


香り

穏やかに始まり、次第に力強く発散する香り立ち。シェリーカスクの甘い香りが広がる。瑞々しさの残るレーズン、カカオ、穏やかなウッディネス、ほんの僅かに生木のニュアンス。奥から焦がし砂糖とクレームブリュレ。

味わい

口当たりは優しいが、ボディはしっかりとしている。カカオとビターチョコレート、芯の太い麦芽香。

余韻

レーズンとビターチョコレートと麦芽の、分かち難い甘さを引き継ぎ、ビターさが残る。続いて穏やかなウッディネスと僅かなスパイス、最後に仄かなハーブの清涼感。余韻の長さは中程度で、展開がある。


オフィシャルボトルのマッカラン18年。1978年蒸留の1996年ボトリングで、いわゆるオールドマッカランということになると思います。


最近、友人家族が自宅に泊まりにきた際、久しぶりに抜栓したのですが、そろそろ香味のピークを過ぎつつある印象で、夏前までには飲み切ってあげるべきと考え、今こうしてテイスティングノートを書いています。その友人はウイスキーフリークではありませんが、他にも色々なボトルを試してもらった中で、このマッカランが一番美味しかったとのことで、喜んでもらえて良かったと思っています。

自分のバースデーヴィンテージでもあるこのマッカラン18年を初めてバーで飲んだ時の感動は、思い出補正も手伝って今でも鮮明に覚えています。自宅でこうして一本飲み終えてみて、当時と同じ感動があったわけではありませんでしたが、それでもやはり十分に美味しいウイスキーだと私も思います。


トゲトゲしさやサルファリーな要素を感じない優しいシェリー香、加水でありながら麦芽の太い味わいにシェリー香の乗ったしっかりとしたボディを持っています。オールドマッカランらしい香味だと思います。それでありながら口当たりは優しく、気が付けば何杯でも飲めてしまう絶妙なウイスキーです。


2017年現在の市場価格はあまり考えたくないくらい高騰していますが、私がこのボトルを入手した2012年当時はまだそれほどではありませんでした。

バースデーヴィンテージなので2本持っていましたが、1本は友人であるウイスキー仲間の新築祝いにプレゼントしてしまいました(物凄く喜ばれました)。今回でこのボトルも無くなってしまいそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中