ティーニニック 1973-2017 43年 48.8% ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム

非常に美味い。美しく妖艶なシェリー香がたまらない。

TEANINICH 1973-2017 43Y. 48.8% TWA The Perfect Dram


評価:★★★★ Recommend!

CP:☆☆☆

価格:★★★★★


香り

濃厚。陶酔感のある美しいシェリー香。最初から複雑で、渾然一体としている。熟成感のある濃密で甘みと旨みのある麦芽香、熟して甘みを蓄えた葡萄、古酒感、瑞々しいレーズン、黒糖、シナモンと林檎、しっかりとしているが他の要素を潰さないウッディネス、かなりほんのりとユーカリ、かなりほんのりと内陸系の焦げたようなピート。

味わい

優しい口当たりから始まるが、ボディは厚い。香りの要素を引き継ぎつつ、熟した麦芽、少し強めのウッディネス、僅かにタンニンの収斂、林檎、レーズン、焦がした砂糖、後半ではドライでスパイシー。

余韻

長い。樽由来のウッディネスとスパイシーさ、ドライな印象は持続する。タンニンの収斂も僅かに残るが、それ以上にレーズンの甘さが長く持続する。


ドイツのボトラーであるウイスキーエージェンシーから発売された長熟ティーニニック。今年(2017年)のリンブルグウイスキーフェア向けとして発売されたもののようです。


長熟とはいえティーニニックとは、またマニアックなところを突いてきたなと思いましたが、内容は文句なしです。特にこのボトルのシェリー香は最近はなかなかお目にかかれない素晴らしいもので、美しく、華やかで、雑味なく、奥行きがあり、古酒感とフレッシュさが同居していて、いつまででも嗅いでいたくなります。加えて、麦芽の旨みと心地よく華やかな樽感、ドライさといった、良い頃のエージェンシー味がするときたら、味わいに関してはもう鉄板だと言っていいでしょう。


個人的にですが、美味しいエージェンシーボトルにある香味は、『日本酒の吟醸香』と共通するニュアンスを感じています。

何はともあれ、飲んでみるべきです。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中