Bowmore 1968 32Y. 45.5%

まごう事無き銘酒。ケミカルさのないトロピカルフルーツ。素晴らしい。


評価:素晴らしい( ★ ★ ★ ★ ★ )

CP:NR

価格:NR

 

香り:穏やかだが積極的な香り立ち。熟成感があり、複雑なフルーツ香。マンゴー、パッションフルーツ、ラフランス、ふっと立ち現れる紅茶とシナモン、熟した麦芽の甘さ。こなれているとしか言いようのない嫌味のない樽香、ほんのりとピート。

味わい:香りにあったフルーツ香に桃が加わる。樽感が僅かに強くなる。トロピカルなフルーツ香が穏やかに広がる。

余韻:長い。じわじわと続く、渾然一体としたフルーツ香と樽の収斂。

 

2000年代に入ってボトリングされた1968年蒸溜のボウモア32年。近年のいわゆるトロピカルとは一線を画す、人工的な要素の一切ないトロピカル感、穏やかなピート、全てが素晴らしいです。こうしたボトルは出来るだけ飲めるうちに飲んでおくべきだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中