Tullibardine 10Y. 40%

根菜を思わせる独特な香味。

評価:NR

CP:NR

価格:NR

香り:ヒネ香。穏やかな麦芽香、内陸系のスモーキーさ、ミント、グラッシー。土と草の根、根菜。

味わい:口当たりは優しいが、ビーワックスを思わせるテクスチャー。仁丹のような苦味がじんわりと広がり、経年で落ち着いた麦芽の甘味がふと現れた後、ピートがやや強くなる。ややフェインティ。

余韻:フェインティで、舌先にピリピリとした唐辛子のようなスパイス、根菜のような草と土のニュアンスが残る。

 

経年したオフィシャルボトルのタリバーディン10年。はっきり言って状態が良くないため、このボトルについては評価なしとしたいと思います。私の投稿はいまのところ自宅で開いているボトルが中心なのですが、こういうボトルは本来記事にはしにくいんですよね。

仁丹を思わせる口当たり、土と草の根、言うなれば根菜を思わせる独特のピート感があり、味わいはかなり独特です。現行のボトルはどうなのでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中