Laphroaig 1993-2013 19Y. 54.0% SMWS 29.133 “Studying rock pools on a hot day”

 

 

お手本のような90年代ラフロイグ。ヨードと灰、グレープフルーツ。

 

 

評価:割と美味しい。

 


香り:ヨードと灰、魚介のBBQを思わせるピート香。少し金属感もある。すぐ後からくる麦芽の甘さには十分な熟成感がある。グレープフルーツ、オレンジ。 

味わい:粘性のある口当たり。ピートのヨードと金属が僅かに強くなり、グレープフルーツとオレンジに凝縮感と酸味が出てくる。

余韻:グレープフルーツの甘味と酸味、その皮の苦味。飲み終わりの口の中と喉にはミントの清涼感が残り、ドライ。


The Scotch Malt Whisky Society(SMWS)の日本支部設立20周年を記念して2013年にボトリングされたラフロイグ。日本支部20周年記念ボトルは春夏秋冬に合わせて4種類で、順にグレンファークラス、ラフロイグ、ロングモーン、ミルトンダフでした。

93年というヴィンテージは、もしかしたらアイラモルトにとって特別なヴィンテージになるかも知れません。ボウモアに限らず、ラフロイグにあっても素晴らしいボトルが輩出された年だと思います。これもそうしたボトルのうちの一つです。そういえばカリラも93で良いボトルありましたよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中