山崎 NA 43%

COMME des GARÇONSで言えばPLAY。

そういう立ち位置。


評価:これはこれで良しだけど、これだけじゃないからな山崎は!




香り:ワイン様の葡萄の甘さと、やや若い麦芽香。レーズン、葡萄の皮、かなりうっすらとアーシーなピート。

味わい:優しい口当たり。やや若い麦芽の甘さと葡萄の皮。

余韻:麦芽の甘さ、葡萄の皮のニュアンスを引き継ぐ。ミルクチョコレートのような甘さが現れ、喉の奥にミントの清涼感が残る。

山崎NA(NA: No Age、熟成年数表記のないこと)、一応これは最初期のボトルです。ちょっと今日は疲れているんですが、あらためて飲んでみると別に悪くないです。スターターだったり、食中酒には間違いなく向きます。バランスのとれたジャパニーズウイスキーで、麦芽香にやや若さを感じるものの嫌味な要素は少なく、ストレートでも普通に美味しく飲めます。

でも僕は12年とか18年のほうが好きです。

まあ、当たり前ですよね。

ブランドコンセプトとして、もしくはシングルモルト山崎というブランドの売り上げの多くを担うものとして、こうしたラインは必要なんだと思います。

なので絶対に、このボトルだけで『山崎ってこういうものなんだ』と決めつけてはいかん!と僕は言いたい。ダメ、絶対。せめて12年、出来れば18年を基準にして、可能であれば更なるハイレンジを体験してみるということをしたほうが絶対にいいです。

なんで僕がここまで熱弁するかというと、それは僕が山崎18年が本当に大好きだからです。飲んで感動した初めてのお酒が山崎18年なので、思い入れもひとしおなんですね!!!アイ・ラブ・ヤマザキ。特に18年。

それにしてもギャルソンでいえばプレイとか、例えの意味が謎ですよね。ギャルソンのラインを知っている人には結構上手く伝わる自信があるんですが、何はともあれ最初に思い浮かんだ言葉がこれだったので、そのまま載せました。

山崎18年、本当に値上がりしたよなー…。

欲しいなー…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中