マッカラン 1991-2012 45% Samaroli

ハウススタイルの真逆を行く。


評価:人を選ぶ



1991-2012 45% Cask#4139 SAMAROLI

香り:穏やかな香り立ち。太い麦芽香、洋梨、林檎、柔らかいウッディネス。ほんの僅かなピート。
味わい:ややフェインティで未熟なニュアンスが先行する。生木のニュアンスとローズマリーのような草木。
余韻:フェインティな要素は残る。その後にハーブ。ミント、ローズマリー。それらとマスタードのようなスパイスが続く。
2012年、発売に合わせて購入したサマローリのマッカラン。古いデザインを復刻させたラベルが秀逸です。

ボトリングが416本、加水、熟成年数20年か21年だということも加味すると、バレルではなくホグスヘッド、それもリフィルではないかと個人的には思います。樽種は不明です。

マッカランと言われて頭に浮かぶ特徴とは対極にあるような味わいを持つウイスキーで、内容としてはかなり異端児だと思います。ボディには割と厚みはあるものの、個人的にはややフェインティな要素を拾ってしまっているため歯切れの悪い評価になっていますが、もしかしたらマッカラン本来の酒質はこのボトルのようなものなのかも知れず、人と飲みながらあーだこーだ言うのにはうってつけのボトルかも知れません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中