Bowmore 1971 18Y. 57.1% Sestante

複雑。奥深く、やや難しい印象がある。ただ、美味しい。

評価:美味しい。


香り:複雑で甘い。シェリー、オレンジマーマレード、麦芽の仄かな甘味。そこにやや土を感じさせるピートが渾然一体となる。

味わい:どっしりとしている。シェリーの甘さ、アーシーなピート。

余韻:ややドライ。収斂を伴うシェリー。

シェリーが効いている70年代ボウモア。ピートを取ろうとするとフルーツ香が逃げ、フルーツ香を取ろうとするとピートが逃げていくような、陽炎を追うような複雑さのあるモルト。ただ、美味しい。そこの部分を言葉で上手く表現できないのは自分の力量不足で歯痒いが、チャンスがあれば飲んでほしいと思えるモルト。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中