Laphroaig 2001-2016 58.4% Edition Spirits

シェリーの樽感とラフロイグのピート感が綺麗にマッチしている。



評価:美味しい。


香り:ほんのりと薬品を思わせるアーシーなピート香、ベーコン。それと同時にベリー系の甘く上質なシェリー香。力強いが落ち着きがあり、渾然一体としている。

味わい:しっかりとした口当たり。ベーコン、それから甘いシェリー感。

余韻:ややドライ。シェリーの甘さと穏やかなピート。



ラフロイグのヨード感と綺麗なシェリーの樽感が非常に上手くマッチしていました。特にシェリーカスク由来の香味に雑味が感じられなかったことは特筆すべきだと思います。

2000年代のラフロイグでこうしたリリースがあることが嬉しいと同時に、ボトル自体も今後がとても楽しみな一本だと思います。

飲み手の間でも評価が非常に高く、私も飲んだ後に1本手に入れようと試みましたが、既に国内在庫は総ざらいされた後でした。5本、10本と買われた人が何人かいたとか…。せめて1本でいいから残しておいてほしかったぜ(´Д` )

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中