Bowmore 2001-2016 SMWS 3.258″Flaming seaside mountains” The Tasting Panel’s Choice 2016 Japan Edition 56.4%

納得のパネルズチョイス。近年ボウモアの佳作。


評価:割と美味しい。


香り:熟した柑橘。レモングラス、グレープフルーツ、コクのある灰のようなピート。

口当たり:力強い灰。そこからのグレープフルーツ。

余韻:割と長い。グレープフルーツと灰のようなピートが最後まで続く。

京都は祇園のBar Kellerさんに伺って飲むことが出来た一杯。貴重な経験をありがとうございます。

このボウモアは自分でも1本押さえているのですが、2000年代にも関わらず柑橘と灰という90年代後半のボウモアにあるような特徴を踏襲していて、雑味のない完成度の高いボウモアだと思いました。今開けよりも時間を置いて真価を発揮するタイプだと感じたので、所持しているボトルは後数年置いておこうかと思います。

良い夜でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中