Springbank 1998-2014 15Y. 55.6% SMWS 27.104 “Cowboy’s delight”

余韻にレーズンの甘さが非常に長く続く


評価:割と美味い。


香り:甘さが大人しい香り立ち。レーズン、奥からうっすらと塩気、淡い麦芽感はバターを乗せて焼いたトーストのような印象。僅かにミーティー(肉を焼いた時のような香り)。同じく僅かに煙草。

口当たり:度数由来の強いアタック。口の中の水分が奪われるよう。麦芽感が現れた後に、レーズンやブラックチェリーのような甘さが際立つ。

余韻:非常に長い。少しピリリとしたスパイスと塩気の後、口当たりから引き継いだレーズンやブラックチェリーの甘さが更に伸びて展開していく。途中でほんのりと麦感も乗ってきて、レーズンパンのような印象もある。


The Scotch Malt Whisky Society(SMWS)のスプリングバンク、リフィルのゴーダ樽で熟成された15年物です。

このウイスキーの熟成に使われているゴーダ樽というのは、シェリーを熟成させる樽の中でバッドよりも更に大きなもので、容量は約600Lです。樽種としては比較的珍しく、樽種記載をして発売しているのはもしかしたらSMWSだけかも知れません。

とにかく余韻のレーズン感、ブラックチェリー感とでもいうような甘さが非常に長く続くところが秀逸です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中