Ichiro’s Malt & Grain Kiyosato Field Ballet 27th Anniversary 48%

清里フィールドバレエは今年で27周年。

このボトルは昨年のものよりも川崎グレーンが主張します。

香り:しっかりとした香り立ち。熟したバナナ、ラムレーズン、麦芽とは少しニュアンスの異なる甘みのある穀物感(グレーニーな甘さ?)が特徴的。仄かに林檎や洋梨、少し時間を置くとビスケット、ハチミツ。様々な香りが多層的に折り重なっていて、ブレンデッドの楽しさが垣間見られる。

口当たり:割と優しい。熟したバナナ感が更に広がり、フルーツ香、穀物香も強くなる。

余韻:口当たりを引き継ぎ、余韻に少しニガリのようなミネラル感と弱いスパイス、同じく弱い収斂。微かに土のようなピート。

少量加水(2滴〜4滴)で甘さに柔らかさが加わり、親しみやすくなる。口当たり以降の穀物感も優しくなる。


2016年の清里フィールドバレエの演目は「白鳥の湖」、記念ボトルは昨年に引き続きベンチャーウイスキーからのブレンデッドウイスキーでした。

モルトウイスキーは1990年蒸留の羽生原酒を中心とし、そこにブレンドされたグレーンは川崎蒸留所の約40年ものだそうです。ブレンドに使用された原酒の熟成にはシェリー樽もバーボン樽も使われているということで、時間をかけるほどに様々な香りや味わいが多層的に折り重なる様を楽しむことが出来ます。パンフレットに長期熟成シェリー樽との記載があり、シェリー樽はおそらく川崎グレーンの熟成に使用されたのではないかと推測しました。

昨年のものと比べてバナナ感のある川崎のニュアンスを強く感じました。そして中々のお値段。しかし人気ボトルですので早々に売り切れてしまうんでしょうね。今年も飲むことが出来て本当に良かったです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中