Capadonich 1992-2012 20Y. 59.1% WORLD WONDERS

葉のしげる枝先に実る林檎、もしくは草原の中に落ちた熟れた林檎のようなイメージが湧いてくる。


香り:香り立ちはやや強い。少し酸味のある林檎、バニラから始まり、奥からほんの少し麦芽の甘さが出てくる。甘さが落ち着いてくると、草を切ったときのような青臭さがほんのりと立ち現れてくるが、一度グラッシーな(草っぽい)感じを取ってしまうと甘さもそれにつられてしまうのか、甘草、レモングラスなどが感じられるようになる。

口当たり:力強いアタック。林檎が甘く変わる。洋梨、ほんの少しだけ桃を感じるが気のせいかも知れない。度数は高いものの、ボディはやや弱い印象。

余韻:高い度数も相まって余韻はかなりホット。口当たりから引き継がれた林檎、洋梨に蜂蜜が加わる。少しだけオーキーな渋みも。


ウィスクイーがモリソン&マッカイから樽の供給を受けてシリーズ化した「ワールドワンダース」からの一本。

最初は柑橘系の香りを伴う甘さが主体で、それが徐々にグラッシーになっていくところは興味深かったですが、個人的にはもう少し長く熟成させると柑橘系フルーツに多層感が出てきそうな気がしました。キャパドニックは閉鎖蒸留所なので今後のリリースは無尽蔵ではないと思いますが、今後出てくる同一ヴィンテージがあればチェックしてみたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中