ザ・グレンリベット12年 43% 90年代流通

濃密な林檎の香味と、微かにミントの清涼感。

The Glenlivet 12Y. 43%


評価:★ ★

CP:NR

価格:NR


香り:

しっかりした香り立ちだが、香りのトーンは全体的に落ち着いている。濃密な林檎の風味で、青林檎から蜜を含んだ林檎へと移っていく。保存状態によるものか、若干のコルク臭が感じ取れる。洋梨、少しのオレンジ、ミントのような清涼感を少し感じる。そのまま時間を置くと、ミントのようなハーバル感が幾分強くなってくる。

口当たり:

口当たりは優しく、しっかりとした麦芽感。このボトルに関しては、ここでコルキーだとはっきり分かる。

余韻:

余韻は後半にスパイシーなニュアンス。残念ながらコルキーだが、それがなければ十分に美味しいものだろう。

Pure Sigle Malt Scotch Whisky表記で、USA回りで入ってきた免税店向けの商品。(proofがU.S.表記であり、背面バーコードの最初の数字が0であることで米国回りだと判断出来る。米国は80年代中頃からバーコードを使用しているため、それ以前のボトルではない。また、表記がUnblendedではないことから、おそらく90年代に入ってからのボトルだと推察される。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中