ダンヒル オールドマスター 43%

久し振りに飲んだら、香味の抜けが随分と進んでしまっていた…。状態さえ良ければとても美味しいオールドブレンデッド。

DUNHILL Old Master Finest Scotch Whisky 43%

1980’s


評価:★★☆

CP:NR

価格:NR


香り:

穏やかな香り立ち。香味は経年変化でやや抜けてしまっている(これは状態差)。カラメルの甘さ、オレンジ、林檎、ローストした香ばしい麦芽。

味わい:

優しい口当たり。少しのヒネ感(これも状態差)。樽の内側を焦がしたような炭っぽい穏やかな内陸ピート、カラメルソース、僅かな穀物感。ボディは軽い(香味が抜けているせいもある)。

余韻:

余韻は短く、味わいの要素をそのまま引き継ぐ。弱いドライさ。


80年代リリースのオールドボトル

ダンヒル社がIDV社に依頼をして、1982年からリリースしていたオリジナルプライベートブランドボトル。

いつ頃までリリースされていたのかは不明ですが、少なくとも2000年代初頭まではリリースされていたようです。そして現在はリリースされていないような気がします。

ダンヒルオールドマスターには年代毎に数種類のラベルが存在し、このラベルは最も古い1980年代前期、発売当時のラベルになります。1980年代後期からはお馴染みのダンヒルのロゴがあしらわれるようになります。

このあたりが詳しいのは、やはりブログ「くりりんのウイスキー置き場」ですね。一読を推奨します。

くりりんのウイスキー置き場:ダンヒルの記事 http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/cat_1059870.html

このボトルはもともと豪華な外箱が付いており、ボトル毎の固有番号をダンヒルに送ると顧客名簿に載せてもらえる旨の書かれた手紙だか用紙だかも付いていた気がしますが、非常に嵩張るため勿論全部捨ててしまいました(笑)


IDV社について簡単に

突然出てきたIDVですが、インターナショナル・ディスティラーズ・アンド・ビントナーズInternational Distillers and Vintners社の略称です。

IDVを超簡単に述べてしまうと、合併する以前のディアジオの前身の一つであるGrand Metropolitan(通称GrandMet)グループ傘下の大手酒類販売業社です(ちなみにディアジオのもう一つの前身はギネス)。あと、ディアジオが誕生したのは1997年で、GrandMetがIDVを買収したのは1972年です。テストにも出ない、割とどうでも良い知識ですね。


その他のリリースと、デキャンタボトルについて

ダンヒル名義でリリースされたボトルは数種類存在しているようで、

ダンヒル スペイサイド ジェントルマンズ ブレンド

ダンヒル オールドマスター ブレンド

ダンヒル ハイペリオン

  • などがあるようです。
  • この他、ダンヒルオールドマスターにはデキャンタボトルもあったりします。
  • ダンヒルのデキャンタボトルはオールドブレンデッド愛好家の間でも悪名高いボトルで、ボトルとキャップとの間に構造的な欠陥があるため密閉状態が非常に悪く、今更買おうとしても状態の悪いボトルにしか当たらないことは地味に有名です(というか随分前からそうです)。
  • 上記の理由でデキャンタボトルのアルコールは現時点でほとんど完全に抜け切ってしまっており、中身はただの麦茶同然になっていることがほぼ100%です。
  • 液面の高い低いに関わらず、絶対に買ってはいけません。
  • 「デキャンタがほしいから…」という理由もあるかも知れませんが、ぶっちゃけてしまうとマジで大したデキャンタではありません。考え直したほうがいいです。ほぼ間違いなく、結局は捨てることになります。
  • 実際に手を出してしまった人間からの報告は以上となります。

  • 味わいはよく出来ているといって良い。今回は経年変化が悪い方向に作用してしまった。

  • このボトルは勿論オークションで入手したものですが、裏ラベルを見ると、昭和62年(1987年)にシンガポールの免税店で5300円で購入したものみたいですね(笑)こういう情報がたまに知れてしまうのは、オールドボトルの好きなところです(笑)
  • そしてこのボトルの味わいですが、悪くないどころかむしろ良いです。数あるオールドブレンデッドの中でも、個人的に非常に好きなボトルの一つです。
  • 今回は飲んだタイミング的に香味が抜けてしまっており、その部分も評価に反映されてしまっていますが、もともとは★★★と付けるつもりでいました。シェリーカスクを思わせるカラメルの甘さに加えて麦芽の甘さ、エステル香、内陸系のピート香と、要素が多彩で美味しいブレンデッドです。本来はですけど。
  • 保存する際にボトルが縦置きされている確率が高く、状態が比較的良いボトルが多いことは、前述したブログ「くりりんのウイスキー置き場」にも書いてある通りです。オールドブレンデッド事始めとしても最適なボトルでしょう。
  • ただしデキャンタには手を出すな。絶対にだ。

  • そんなわけで在庫整理中に発掘し、本日無事に飲み切りました。
  • コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Google フォト

    Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    %s と連携中