山崎 2009 – 2019, 55% エッセンス・オブ・サントリーウイスキー モンティージャワインカスク

樽材由来のスパイシーさと樽種由来の甘さが余韻で結実する

The ESSENCE of SUNTORY WHISKY YAMAZAKI 2009-2019, 55% MONTILLA WINE CASK


評価:★★☆

CP:☆☆☆

価格:★


香り:

しっかりとした香り立ち。スパイシーで甘い。レーズン、程よいウッディネス、少し生木のニュアンス、カカオ。

味わい:

口当たりはしっかりとしていて度数相当。樽由来の甘さが口の中に広がり濃厚。レーズン、ダークチョコレート、黒土。穏やかなスパイシーさとダークチョコレートとが合わさり、唐辛子のスパイスドチョコレートの印象。

余韻:

スパイスドチョコレートの印象を引き継ぐ。甘さとスパイス感が複雑に絡み合うい、ドライに終わる。


サントリーのエッセンスシリーズ第二弾から、モンティージャワインカスク

2019年2月末、サントリーからエッセンスシリーズ第二弾が発売されました。

今回の三本は全てシングルモルト山崎です。

この記事は、山崎モンティージャワインカスクの記事です。

他の二つについては以下でまとめています。

山崎 2008 – 2019, 53% エッセンス・オブ・サントリーウイスキー リフィルシェリーカスク

山崎 2009 – 2019, 56% ザ・エッセンス・オブ・サントリーウイスキー スパニッシュオーク


エッセンス・シリーズ第二弾の特徴

同一蒸溜所、ぼぼ同一ヴィンテージ、ぼぼ同一の熟成年数、ぼぼ同一度数の原酒を、三種類の異なる樽(スパニッシュオークの新樽、モンティージャワイン樽、リフィルシェリー樽)で熟成させるという、非常に興味深いリリースです。

また、樽種こそ違えど樽材は全て「スパニッシュオーク」であるという共通項があることも、これまた興味深い特徴です。

アメリカンオークよりも多孔質でタンニンの多いスパニッシュオーク(ヨーロピアンオークとも呼ばれる)は、ウイスキーにスパイシーな個性をもたらすことで知られています。


モンティージャワインについて

モンティージャワインとは、スペインのモンティージャ・モリレス地区で生産されたワインです。スペインのヘレス地区で作られるシェリー酒と同じくスペイン国内の原産地呼称ワイン(その地域で作られたものだけが名乗れる)の一つで、シェリーの仲間だと言えます。

製法にも似た部分が多く、シェリーと同じようにフィノやオロロソ、アモンティリャード、甘口のP.X.などの種類に分けられますが、使用する葡萄は一部を除き全てペドロヒメネス種であること、フィノやアモンティリャードに関しては酒精強化を行わないなどの特徴があるそうです。


スパニッシュオークスパイス感と、チョコレート感じさせる濃厚な甘さが重なる

三種飲み比べにおいて、スパニッシュオークのスパイシーな樽感は共通していますが、裏ラベルにある通り、三種の中では余韻の複雑さが一歩抜けていると思います。

特に、カカオやチョコレートを思わせる味わいがスパイシーさと複合して、チリチョコレート(唐辛子その他のスパイスで味付けされたチョコレート)のような印象を受けました。

樽感がしっかりしているため、エステル香など酒質や熟成に由来する香味要素は分かりづらいかも知れません。ただ、ネガティヴな要素は少なく、飲ませる仕上がりになっていると思います。


最後に残ったのはスパニッシュオーク新樽熟成ですが、これは色々と考えさせられるボトルでした。

山崎 2009 – 2019, 56% ザ・エッセンス・オブ・サントリーウイスキー スパニッシュオーク

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中