グレンスペイ 1995 – 2018, 22年 47.0% ケイデンヘッド、ウィスクイー向けシングルカスク

小粒だが麦芽の旨味とキャンディのような甘さが秀逸。抜栓直後より時間が経ってからのほうが良い。

GLEN SPEY- GLENLIVET 1995-2018, 22Y. 47.0% CADENHEAD’S SINGLE CASK for Whisk-E, Japan.


評価:★★☆ Recommend!

CP:☆☆☆☆

価格:★☆


香り:

しっかりとした香り立ち。甘さが先行し、キャンディ、麦芽の甘さ、塩キャラメル、ほんのりとグレープフルーツ。穏やかでやや濡れた印象のあるウッディネス。切ったばかりの草の香りも感じられる。微かな乳酸。

味わい:

口当たりは度数相当で、強過ぎないが比較的しっかりとしている。僅かなドライさ、しっかりとした麦芽の甘み、穏やかなウッディネス、ウイスキーを染み込ませたフルーツケーキ、蜂蜜、ボディは中程度。

余韻:

味わいを引き継ぐように移行する。麦芽の甘みがじんわりと持続し、穏やかなグラッシーさと穏やかな唐辛子のスパイス感がじんわりと持続して終わる。


ボトル紹介

ケイデンヘッドの日本向けシングルカスク

ケイデンヘッドは、現在はスプリングバンク蒸留所と同一資本の世界最古のウイスキボトラーであり、ボトラー不況が言われている昨今にあっても毎年精力的に新作をリリースしてくれている、非常にありがたいボトラーでもあります。

ケイデンヘッドの黒ラベル、通称黒ケイデンのほとんどが「スモールバッチ」と表記され、2樽から3樽をヴァッティングしたリリースですが、今回のボトルは日本における輸入販売元であるウィスクイー向けに販売されたシングルカスクで、1995年蒸溜のグレンスペイ22年、47.0%です。

1995のグレンスペイ22年にはバーボンホグスヘッドを2樽ヴァッテッドした57.9%のものもあり、そちらのほうは一万円以下と安いですが、こちらはシングルカスクのもので、もう少しだけ高いボトルになります。


グレンスペイ蒸留所は主にブレンデッドウイスキーのJ&Bの原酒として使われていて、シングルモルトとしてはマイナーな蒸溜所です。オフィシャル扱いのボトルとしてはユナイテッドディスティラリー(UD)社時代(1980年代後期から2000年代)の花と動物シリーズの12年ものが知られている以外、ボトラーリリースでも正直あまりお目にかかりません。

一応ウイスキーマニアの間では、ニッカウイスキーの創始者である竹鶴政孝氏がスコットランド時代に研修した蒸溜所として知られてはいます。


テイスティング

グラッシーさが抜けてから本領発揮。バーボンカスク由来のフルーティーと麦芽の甘みとのバランスが秀逸

今回のボトルはまずバーで飲み、小粒ながらウイスキーらしい麦芽の旨味とキャンディを思わせる甘さを感じられる味わいが好みだったため、購入後に自宅で抜栓したものです。

しかし、バーで飲んだ印象は良かったはずなのに、抜栓したてはさほどではありませんでした。

香味全体のアウトラインを知るには、裏ラベルに書かれている公式テイスティングノートが秀逸です。特に抜栓したての香味の全体像をかなり正確に表現していると思います。私も参考にさせていただきました。

たしかに抜栓直後は、切ったばかりの草を思わせるグラッシーな印象が強く、他が控えめな感じです。

しかし、時間を置くことで香味は開き、キャンディを思わせる甘さから杏子を思わせるフルーツ香まで多彩となり、非常に魅力的な香味へと変化します。

発売したばかりの今すぐに抜栓したならば、しばらく様子を見ながら香味の変化を楽しみつつ飲み進めるべきだと思いますが、酒質やボトルとしての出来の良さから、このまま数年、もしくは10数年置いておくことを考えて手元に置いておいても良いのではないかと思えるくらい、優れたボトルだと思いました。

抜栓直後はグラッシーさが気になるかも知れませんが、グラスに注いでしばらく置くだけでそれが薄れていくことを考えると、こうしたネガティヴさは経年変化で十分に抜けていくのではないかと思っています。

実際のところ抜栓後そのまま数日置いたのですが、折からの暑さのおかげか開きは早かったようで、数日のうちに初めて飲んだ時に感じたキャンディのような甘さや麦芽の甘さが前面に出てきて、非常に好みの味わいになりました。

細かいことを言うと現時点ではまだ切りたての草のようなグラッシーさを名残りとして感じるため、これからしばらく時間をかけながら、じっくりと味わいの変化を楽しんでいきたいと思います。

そういうわけで、もし抜栓時の味わいが気に入らなければ、しばらく放置した後にあらためて飲み直すと、少なからず印象は変わってくるのではないかと思います。


価格も最近のリリースとしてはまずまずで、小粒ですが十分にオススメできるボトルだと思います。

ウィスクイーさん、良いボトルを詰めていただきありがとうございます。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中