グレンモーレンジ タグタ カスクマスターズセレクション46%

樽構成がよく分かる香味。複雑さには欠ける。


GLENMORANGIE The TAGHTA Cask Masters Sellection 46%


評価:★ ★ ☆

CP:☆

価格:¥


香り:

穏やかな香り立ち。少し硬質で、ほんの微かに仁丹を思わせるミネラルのニュアンス(自分の思うグレンモーレンジの特徴)。プラム、バニラ、べっこう飴のようなコクのある甘さ。みずみずしいレーズン、少し遅れて麦芽の甘さ。

味わい:

度数相当。レーズンやプルーンを思わせる甘さもあるが、ウッディネスが強く、タンニンの収斂とチャーしたオークのビターさ。余韻に近づくにつれて塩気が現れる。

余韻:

強めのウッディネスを引き継ぐ。ホットに始まるが、徐々に塩気を伴いながらドライに。ハーブの清涼感が残る。



最近発売されたグレンモーレンジのオフィシャル限定ボトル。

記事公開に合わせてスペックを調べようとしたところ、ちょうど数日前に気円斬の人が同じボトルを投稿してました。実は国内販売が最近なだけで、モノ自体はだいぶ前から発売されていたそうです。

気円斬の人のブログに詳細なボトル情報が載っていて、読めば分かる仕様になっていたため、スペックなどはここで繰り返すよりリンク先を見てもらったほうが早いと思います。

また、だいたいの出自が知りたいだけなら裏ラベルの写真を見れば良い仕様にもなっています。


「バーボンカスク熟成のマンサニージャシェリーカスクフィニッシュ」という説明そのままの味わいで、ややウッディネスが強いものの、非常に分かりやすい香味構成です。ただ、欲を言えばもう少し香味に複雑さがあれば良かったかなと思います。

熟成年数表記がないためおそらく若い原酒も使われていると思いますが、樽由来の要素が強く、原酒の若さは気になりません。


これはこれでアリと言えなくもないですが、1万円を超える価格はどうしても高いとは思ってしまいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中