ダフタウン – グレンリベット 12年 43% 免税向け

バランスは取れているが、記憶には残りづらい。スターターには向く。

DUFFTOWN-GLENLIVET Pure Malt Scotch Whisky 12Y. 75°PROOF(43%), duty free for exportation only.


評価:★ ★ ☆

CP:NR

価格:NR



香り:穏やかな香り立ち。程よいオールド感だが、若干のヒネ香はある。麦芽の香り、レモングラスの清涼感、ザラメ糖の甘さ。

味わい:口当たりは優しいが、ボディは思いの外しっかりとしている。麦芽の甘みにトーストしたパンのような香ばしさが加わり、甘み自体も強くなる。僅かにオイリー。

余韻:麦芽の甘さと香ばしさを引き継ぐ。アクセントになる程度の程よいスパイシーさが現れて徐々にドライに。



ダフタウンの免税向けボトル12年(ダフタウン-グレンリベット表記)。

外箱にもラベルにも、ブレンデッド・ウイスキー『BELL(ベル)』の構成原酒として使用されていることを謳う「FROM HOUSE OF BELL’S」という記載があります。

こうした宣伝文句は、シングルモルト・ウイスキーよりもブレンデッド・ウイスキーの知名度が高かった時代にあって、マイナーな蒸溜所が原酒の品質を保証するための、ある種の販売戦略という意味合いがあったようです。『あのベルに使われている、間違いのないウイスキーですよ!』というわけですね。

ウイスキーマガジンonline版で書かれた20世紀のスコッチ広告】という連載記事が秀逸で、俯瞰的な理解に適しています。ちなみに、今もダフタウン蒸溜所の原酒は99%近くがブレンデッドウイスキーのために使用されています。


このボトルですが、味わいとしては穏やかな麦芽香が主体の、バランスタイプのウイスキーです。香味の複雑さはそれほどでもない印象で、どっしりとしているというよりは軽い印象があり、全体としてはこじんまりとしています。

こうしたクセのない香味はブレンデッドウイスキーの原酒として使いやすいのでしょう。

そのまま飲んでも美味しいのですが、記憶には残りづらいかも知れません。ただ、その日の最初の一杯としては最適だと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中