グレンエルギン 1995-2017 21年 53.1% BBR 復刻ラベル

クラシカルな佇まいと、新しく華やかな中身。(それとバーでの四方山話)


GLEN ELGIN 1995-2017 21Y. 53.1% BBR Retro Label


評価:結構好き( ★ ★ ★ )

CP:割と良し( ☆ ☆ ☆ )

価格:★ ☆


香り:芳醇な麦芽香、ニッキ飴、切ったばかりの洋梨、アプリコットや林檎の甘い香り。

口当たり:度数相当のしっかりとした口当たり。雑味なく綺麗な香味。フルーツが開く。

余韻:口当たりを引き継ぐ。



今年に入ってラベルが切り替わったBB&Rの復刻ラベルシリーズ。切り替わり最初のボトルはグレンエルギンでした。

ラベルデザインは勿論ですが、肩ラベルを復活させてくれたところが個人的にとても嬉しいです。肩ラベルが付くとボトルの佇まいに風格が出るような気がするんですよね。第2弾ボトルは同じ95年ヴィンテージのウェストポート(グレンモーレンジのティースプーンモルト)で、そちらも気になるところです。


味わいは近年の華やかなグレンエルギンの香味を踏襲しています。

抜栓直後だったので最初は香味が閉じ気味でしたが、しばらくすると麦芽香とフルーツ香が華やかに開いてきました。私が慣れているグレンエルギンの香味は少し前のオフィシャルボトルにあるような内陸系のピートが穏やかに乗ったものですが、傾向こそ違え、このボトルも美味しいボトルです。

テイスティングノートがあっさりとしているのは飲む量が少なかったからで、それなりにボリュームのあるノートを書くためにはある程度の量を飲むことが、私にはまだ必要なようです。想像で書くわけにもいかず、これは今後の課題です。

ちなみにこのボトルは福島県いわき市のREVOLBARさんでいただきました。今回が初来訪です。


テイスティングから話は逸れますが、この日は様々な偶然が重なって、隣に座った男性とマスターとを交えて閉店まで色々なことを話した日でした。たまにはそういう、バーであった出来事でも書いてみようと思います。

きっかけは男性とマスターの会話でした。私がグレンエルギンを飲み終わるくらいのタイミングで、その男性は一人でお店にやってきました。私より少し年上で、既に何度かこのお店には顔を出しているような雰囲気でした。マスターと気の置けない挨拶を交わした後、やや控えめに、飲みたいウイスキーがあるんだけれど、と彼はマスターに尋ねました。普段は水割りなのに珍しいねとマスターが答えました。REVOLBARさんはウイスキーの品揃えが豊富なバーですが、そうしたバーにウイスキーにあまり興味のないお客さんが度々通うことは珍しいことでも何でもありません。むしろそういうお客さんが一人でふらりと現れるバーはとても良いバーだと思います。いい加減なことを言っては間違うことの多い私ですが、この考えは間違っていないという自信があります。

彼の指定したウイスキーはホワイトホースでした。黒澤明監督が好んで飲んでいたということを最近読んだ何かの文章で知って、是非とも飲んでみたいとお店にやってきたということでした。

私は隣の席で、ホワイトホースはたぶん置いていないんじゃないかと漠然と考えながら、目の前のグレンエルギンを眺めていました。ホワイトホースは置いていませんでした。マスターが半ば申し訳ないような、半ば困ったような顔でそれを彼に伝えると同時にグレンエルギンにちらりと目を向けたことをよく覚えています。

ホワイトホースがどういうウイスキーなのかを簡単に説明すると、ブレンデッドウイスキーとして昔から世界的に有名ですが、もはや有名になり過ぎてしまい、流通量は膨れ上がり、価格も700mlのフルボトルで普及品のファインオールドなら1000円前後、日本市場限定の12年でも2000円前後で売られている、非常にお手頃なウイスキーです。スタンダード中のスタンダードだと言えば聞こえは良いですが、誤解を恐れずに言えば、ありふれ過ぎて全く特別感のないウイスキーで、はっきり言ってしまえば香りも味わいも価格なりです。

その上でREVOLBARさんについて説明すると、REVOLBARさんは会員制だったり一見さんお断りだったりするような敷居の高いバーではありませんし、マスターも気さくな人ですが、先ほど少しだけ触れたようにウイスキーに対してはかなり熱心なバーです。有能な指揮者がオーケストラの構成楽器全ての音色に繊細な神経を行き届かせ、自分の音楽世界を実現しようと指揮棒を振るうように、マスターがお店で取り扱う全てのお酒に細やかな配慮を行き渡らせていることは、店内を一瞥しただけでも十分に伝わってきます。お店の中にはここ十五年ほどのシングルモルトウイスキーを中心に様々なお酒が、バックバーからカウンターの隅に至るまで数多く取り揃えられ、かつ適切に配置されています。カウンターの最も入り口に近い端、お店にやって来た全ての人に見られる位置には、ここ最近で最も話題となり今後も特別であり続けるであろう、ラフロイグ蒸溜所の200周年記念ボトル一揃えとラガヴーリン蒸溜所の200周年ボトル一揃えとが、同じ棚の中に同じ高さで整然と並べられ、マッカランのオールドボトルはバックバーの一番高い位置からバー全体を見下ろし、入荷したばかりのボトル(今回のグレンエルギンもそうです)は客に一番近い位置であるカウンターの上に、ただし前に出過ぎないよう節度を持って置かれています。

どういうことかというと、ホワイトホースには申し訳ありませんが、せっかく自分のお店に来てくれたのであればもっと特別なお酒を提供できる自信がマスターにはあったわけで、それに見合う品揃えを用意してカウンターの向こう側に立っていたということです。そんなわけでホワイトホースはありませんでした。

隣同士だったので、私と彼はおもむろに話をすることになりました。彼の話に興味があったからでもあります。私は彼から黒澤明監督の人生にまつわる光と影とでも言えるような、彼の熱量も加わった色々な話を教えてもらいました。彼は震災後の福島のルポルタージュを書くために北海道からいわき市に赴任してきた新聞記者でした。私は震災直後に自分も仕事で福島に赴いたことがあることを話しました。それから少しの間、三人で当時の様子について静かに語り合ったりしました。私は黒澤明とその映画作品の話を聞きながら、人生において光や影と呼ばれるような出来事は、ある種の作品(人生そのもののことかも知れません)の中では相対的な意味合いを帯び、だからこそ互いに響き合い、作品を作品たらしめているのかも知れないというようなことを考えました。また、書き物を仕事にしている人に直接尋ねる中々ない機会だったので、今まで読んだ本の中でお勧めの一冊を教えてもらい、『苦海浄土』というタイトルの一冊の本を知りました。

話が一段落し、彼が次の注文を頼もうとしたので、私は飲んでいたグレンエルギンを彼に紹介してみることにしました。ホワイトホースはありませんがホワイトホースに使われている原酒ならこれですと伝えると、有難いことに彼はとても興味を示してくれました(心なしかマスターも嬉しそうに見えました)。私は聞かれるままにブレンデッドウイスキーとシングルモルトウイスキーの違いを簡単にですが説明し、マスターがそれを丁寧に補足してくれ、彼はグレンエルギンを注文してひとしきり堪能しました。

偶然の重ね合わせは、あるポイントを通過すると必然を生み出すことがありますが、このようにして彼と私はそのポイントを通過しました。黒澤明の光と影は黒澤作品の中で相対性を帯びながら響き合っている。だとすれば、この場における次の注文は必然的にラガヴーリンでなくてはなりません。ラガヴーリンもグレンエルギンと同じようにホワイトホースという作品の有名な構成原酒の一つで、グレンエルギンとは味わいにおいて対極に位置すると言っていいウイスキーだからです。

今度は私が話し始め、マスターは彼にラガヴーリン16年のボトルを棚の奥から出して見せました。彼はそれを注文して一口飲んだ後、これらが混ざっているホワイトホースというウイスキーがどういう味わいなのか全く想像出来ない、と言って笑いました。光と影の相対性は、入り口と出口が同じ扉を異なる側から見るということに似ているかも知れないという考えが、私の頭の中にふと浮かびました。

話は進み、ホワイトホースが今ではありふれたウイスキーであることを知って、彼は少し落胆した様子でしたが、ホワイトホースの名誉のために付け加えるなら、一口にホワイトホース言っても昔と今とでは使われている原酒の質や味わいは随分と異なっています。とても古い、例えば旧酒税法時代の雑酒表記や特級表記のシールが貼られていたりするオールドボトルは貴重で、状態にもよりますが今とは比べ物にならないくらい重厚で複雑な味わいをしています。今や誰も飲んだことのないくらい古い時代のグレンエルギンやラガヴーリンが使われていたりしますから(味わいの違いは特にホワイトホースの上級ボトルにあたるローガンで顕著です)。昔から同じ名前で売られているということは、時代毎に味わいが変化するお酒だということなのです。黒澤明監督が好んで飲んでいたものは、今とは随分と味わいの違うホワイトホースだったことでしょう。

あの日はお互いがたまたま持っていたパズルのピースが偶然重なり合うような、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。彼も同じように感じてくれたのだとしたら何よりだと思います。彼と私、杯を重ねた二人のグラスからはお酒がなくなり、お互いの間には緩やかな繋がりが残りました。私はこれをお酒の持つ前向きな作用の一つだと思っていて、同時に私がバーに足を向ける楽しみの一つでもあり、理由の一つであると考えています。

私にとっても、このグレンエルギンは思い出深いボトルになりました。個人的にも一本抱えました。今後抜栓した時にはその日のことを思い返すでしょうし、その時には自分自身を振り返りながら多くのことを考え、それなりに深い余韻に浸ることになるのではないかと思っています。

後日談ですが、教えてもらった『苦海浄土』は彼の目の前でAmazonで注文したので、出張から帰った頃には家に届けられていました。まだ読み始めたばかりですが文章も内容もかなり重厚で、読了にはもうしばらく時間がかかりそうです。ちなみに水俣病を扱った著者の三部作の第一作に当たります。黒澤映画はそのとき話題に登った『乱』を借り、直ぐに鑑賞しました。映像の迫力といい、無駄のないストーリー展開といい、160分以上があっという間に過ぎてしまいました。今だからこそ分かることがあり、彼が熱心に語ってくれたおかげで鑑賞後の余韻もとても長く、素晴らしい映画鑑賞になったと思います。

彼にそのことを伝えたかったのですが、私はいただいた名刺をどこかに、たぶん散らかった机の上にあるはずなのですが、無くしてしまったのでした。そして私はその日名刺を持ち歩いていませんでした。こうして文章に残したことは悪いことではないのでしょうが、普段から出来ていない自宅の整頓には出来るだけ早く着手したほうが良かったと思っています。今後名刺が見つかってくれると本当に良いのですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中