再テイスティング:グレンモーレンジ 1990-2016 43% グランドヴィンテージモルト ボンドハウス No.1 コレクション

消えたオレンジシャーベット。どうやら抜栓後のヘタリがかなり早いボトルだったようです。(この評価は後に覆る)

GLENMORANGIE 1990-2016 43% GRAND VINTAGE MALT BOND HOUSE No.1 COLLECTION


評価:★ ★ ★ ☆

CP:☆ 

価格:E


香り:

やや控えめ。優しいオレンジ。奥からレーズン。熟成感のある麦芽香。

味わい:

麦芽感とミネラル感。太めでやや熟成感のある麦芽の味わい。バニラ、レーズン。

余韻:

雑味なくキレがある。麦芽の旨みが綺麗に伸びていく。


以前に個人的な高評価をした1990年蒸留のグレンモーレンジ。抜栓後しばらくしてあらためて飲んでみたのですが(と言ってもこの時点で既に2/3は飲んでいます)、開けたてとは随分と異なった印象になってきたので、あらためてテイスティングノートを記しておこうと思います。


ではまず、このボトルを飲んだ他の方々の意見を伺ってみましょう。

『加水ボトルでこの度数だと、オレンジシャーベットやクリーミーなオレンジのニュアンスを全開で楽しめたのは最初だけだったんじゃないかな?それが楽しめたのは幸せだと思うけどね。』(by 某モルト侍)

とか、

『美味しいですね!麦芽感が割と秀逸です!』(by 某酒販店銀座店副店長)

とか、

『あー分かる分かる。言ってることは分かる。美味いっちゃ美味いっすよ。でも軽いなー。ていうか突き抜けないんだよねー。点数付けるなら★6、時間経って★7行くかって感じですかねー。』(by 某置き場のブロガー)

こっちとしてはドヤ顔で飲ませた方々が、何故かオレンジやシャーベット感を積極的に取らなかったことに違和感を覚えて再テイスティングしたのが今回のグレンモーレンジ1990です。


結論としては、池袋の某モルト侍さん(的確だったと思います…)を始めとして皆さんの言う通りだったというか、残念ながらこのボトルで全開のマンダリンオレンジ感とかフルーツパフェ感が楽しめたのは開けてから少しの間に限られたのかも知れません。

現時点ではマンダリンオレンジやオレンジシャーベットは鳴りを潜めてしまい、どちらかというと旨味のある麦芽感が前面に出てきました。旨味と熟成感がしっかりとあるので充分に美味いと思うのですが、個人的には結構残念です。時間をかければオレンジ感は綺麗に出てくるし、雑味のなさは相変わらず秀逸なのです。ただ繊細過ぎてどうしても突き抜けない部分が浮き彫りになってしまったようです。

近年出たオフィシャルのグレンモーレンジとしては出色の出来だという評価に変わりはないものの、抜栓後は出来るだけ早めに飲んだほうがいいと思わせるボトルでした。良い勉強になったと思います。

《後に、この評価は完全に覆されます。詳しくは再々テイスティング(リンクになってます)へ。》

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中