Lagavulin 12Y. 57.7% 200th anniversary

2015年リリースよりクリーンな印象。バランスも良い。


評価:★ ★ ☆

CP:☆ ☆ ☆

価格:¥
香り:複雑なピート香。ヨードと金属の中間のようなニュアンスのあるピート。ナッツの燻製。汗のニュアンス。麦芽も甘いが、若い荒々しさはほとんどない。しばらくすると奥からオレンジピール、穏やかに洋梨。
味わい:しっかりとした口当たり。パワフル。クリーンでナチュラルな樽感。麦芽の甘さが力強く、やや若いニュアンスを伴いながら、ヨード、ナッツ、金属というような多彩な要素を持つピートと折り重なるように広がる。
余韻:口当たりを引き継ぐ。余韻はクリーンでドライ。

今のところ日本未入荷の、200周年記念のラガヴーリン12年カスクストレングスです。

2015年向けと比べても酒質がクリーンで、ピートの複雑さも楽しめる優良ボトルだと思いました。12年カスクストレングスの特徴を素直に伸ばした印象です。記念ボトルだけあって出来がいいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中