アラン 10年 46% オフィシャルボトル

これは良いオフィシャルボトル

Arran 10Y. 46% OB


評価:★★☆ Recommend!

CP:☆☆☆☆☆

価格:☆


ボトル紹介

アラン蒸留所のオフィシャルスタンダード

輸入元はウィスク・イー。お陰様で国内流通も安定し、固定ファンもしっかりと付いているアラン蒸留所のオフィシャルラインナップから、エントリーボトルの10年です。

加水ですが46%と高めの度数、加えてノンチルフィルタード、ナチュラルカラー(無着色)なのはシングルモルト専売蒸留所のこだわりの表れですね。

アラン蒸留所の詳しい来歴は、以前記事にしたアラン 21 46% オフィシャルボトルで書きましたので、良かったらご覧下さい。


テイスティング

コスパが高くて良いボトル

アラン10年は高コスパの良ボトルです。家飲み候補になり得るでしょう。

アランは地区分類的にはアイランズモルトですが、ほとんどピートを効かせずに麦芽の甘さと樽材由来の甘さが主体の香味構成はハイランドモルトに通ずる個性で、万人受けするものだと思います。加えて46%という度数は飲み応え十分です。熟成感こそ年数相当ですが、まさに優等生という言葉が相応しいシングルモルトだと思います。Recommend!を付けるのに躊躇なしです。

似た香味構成のシングルモルトとしては、以前紹介したアンノック 12 40% オフィシャルボトル(ノックデュー)があります。アンノックの度数は40%で、それに応じるようにアラン10年と比べて全体的に優しい味わいとなっています。

どちらが好きかは好みの問題ですが、アンノック10年の味わいが好きなものの少し物足りなさを覚えた方にも、アラン10年はオススメなボトルです。


テイスティングノート

香り:

香り立ちは比較的しっかりとしていて、穏やかに甘い。林檎、熟れたバナナ、微かな瓜、溌剌とした麦芽の甘み、少しのミネラル感、穏やかな樽香、ライトなフローラル香。

味わい:

口当たりは度数相当でしっかりとしている。僅かにオイリー。口に含むと穏やかなウッディネス、ややスパイシー。そこからバニラ、熟れたバナナ、洋梨。麦芽の甘さも強くなり、同時に熟成年数相当に粗い要素も現れるが気にならない。

余韻:

キャンディを思わせる樽材由来の甘さ、暖かく僅かにスパイシー。


グラス2個付きスペシャルエディションもあるよ

現在(おそらく期間限定で)グラス付きのスペシャルエディションが発売されています。

このセットは非常にお得で狙い目ではないかと思います。

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中