Drinkers Lounge【ドリンカーズラウンジ】

(追記あり)ベンロマック 1998 – 2018 19年 56.2% 20周年記念ボトル

着・即・開。それが俺たちがただ一つ共有した真の正義だったはず…。

Benromach 1998-2018 19Y. 56.2% 20th Anniversary Bottling


評価:★ ★ → ★ ★ ☆

CP:☆

価格:★ ★ ★ ★ ☆


香り:

しっかりとした香り立ち。べっこう飴のような甘さと共に、発酵した干し草のような、酸味を伴うすえた香りが先行し、全体を印象付ける。そこからアルコールの揮発香、奥から少しのバニラ、切って少し時間の経った林檎。少しのレーズン、黒土を思わせるアーシーなニュアンスも。土っぽいピート香が非常にゆっくりと現れる。

味わい:

度数相当のしっかりとした口当たり。樽由来のエグミが少し感じられる。香りの要素は引き継ぐが、ややフェインティ。麦芽の甘さにはクリーミーな印象はある。

余韻:

ドライで、ややハーバル。ウッディネスは強めで生木のニュアンス。


はい、どうも!

2018年のゴールデンウィークも終わりを迎える今日この頃ですが、今回も新作ボトルの大抜栓でございますよー?

1898年創業、1983年に閉鎖となったベンロマック蒸留所を、老舗ボトラーのゴードン&マクファイル(以外GM)が買収したのが1995年。そこから改修作業に着手し、再稼働に漕ぎ着けたのが1998年です。つまり1998年は新オーナーGM主導のもとベンロマック蒸留所が復活を果たした年であり、そこから20年が経過した今年2018年、新創業20周年を記念して発売されたメモリアルなボトルが今回のボトルです!熟成年数的には19年なんですけども!(言われて訂正した)


ベンロマック10年推し(記事はこちら)の僕は、到着後すぐに開けました!


このように、期待に胸をときめかせながらの抜栓となったわけですが…

正直に申し上げると好き嫌いの分かれる味わいだと思います。

ちなみに私はあまり好きなタイプではありません(笑)

記念ボトルということもあり、ベンロマックとしては結構な金額のボトルでもあったため内容にも非常に期待していましたが、ぶっちゃけてしまうと、

もしこのまま味わいの変化がないのであれば、僕は現行10年のほうが断然好きです。


現行のベンロマック10年は強めのピート香と柑橘を思わせるフルーツ香、加水によるバランスに優れたボトルだと思っていますが、それに比べると今回の20周年記念ボトルの香味は度数相当に力強いと言えると思います。

ただ、樽感は強めで、香りでは酸味を伴う発酵した干し草のような(酪酸のような?)香りが強く、香味のバランスという点では少し、いや、割と…、うーん、結構…、ごめん、かなり首を傾げたくなるように感じました。

真ん中が20周年記念ボトル、向かって右側が現行のベンロマック10年、向かって左側がGMがオーナーになってから発売された旧10年。

好みではなかったのは残念だったと言わざるを得ませんが、今回用いられている原酒がGMが蒸留再開後に試行錯誤を行いながら作った最初期の原酒だと考えるのであれば、ベンロマックというシングルモルトの個性のようなものが、うっすらとではありますが見えてくるのではないかと考えています。

20周年記念ボトルをテイスティングした後に現行のベンロマック10年をテイスティングすると、20年の歳月の間で原酒の作り方の進歩は当然あると思いますが、加水することで香味全体をならし、そこから強めのピート香でオフフレーバーを抑え、求める香味だけをうまく取り出すようになってきたと感じることも…できなくもありません。

そういう視点に立つと、どちらかというと今回の20周年記念ボトルは、GMがオーナーになってからリリースされた旧10年寄りの味わいだと…言えなくもありません。ただ、旧10年と現行10年はどちらも加水ボトルであり、香味の差は僅かで(旧瓶のほうが現行に比べて若干ピートが弱く、フルーツ香も控えめな印象)、正直、差を取るほどのものではなないなとも思います。

じゃあ今回の20周年記念ボトルを加水すればどうなの?と言うと、トワイスアップ(ウイスキー:水=1:1)にしても、基本的な香味構成はあまり変わらないと感じました。

ダメだ…どんなに頑張って書いても、20周年記念ボトルより現行10年のほうが美味しいみたいな感じになってしまう…orz

そんなわけで抜栓してしまった今回のボトル。今後の経過は当然見ますが、今の段階ではなかなか飲み進みません。

でも大好きなベンロマックの、記念すべき20周年だしな!

きっと放置で良くなることだろう!

きっとな!

しばらく封印しつつ、経過を見ていきたいと思います。


2018年5月28日追記:

一時はほぼ諦めていたのですが、このベンロマックの味わいがおよそ12000円くらいのシングルカスクで良くある味わい程度まで美味しくなってました…

現在、だいたい残り1/3くらいです。

やれるのか…?

お前、やれるのか……!?

とりあえず、このまま全力で放置したいと思います。