価格帯(price range)

価格帯はフルボトル1本の価格をざっくりと示す指標です。

どの辺りで区分けするかはかなり悩み、正直なところ今もまだ悩んでいるのですが、とりあえずは以下のように分けています。


★で10000円、☆で5000円を意味します。


  1. ☆   (〜 5000JPY)
  2. ★                (〜 10000JPY)
  3. ★★            (〜 20000JPY)
  4. ★★★      (〜 30000JPY)
  5. ★★★★   (〜 40000JPY)
  6. ★★★★★(〜 50000JPY)
  7. E                (〜100000JPY)
  8. VE            (超高い)
  9. NR (評価なし)

ウイスキーの価格推移

ウイスキーの小売価格は、私が本格的にボトルを集め始めた2010年頃から見ても年々増加しています。

理由はいくつか考えられますが、大きいものでは一つが需要の増大、二つ目がそれに基づく原酒不足を背景にした生産者による高価格なプレミアムボトルの増加、三つ目が投資を目的とした資本の流入であると考えています。

ウイスキー全体の流通量から考えると、当ブログで示した基準の☆から★★までで、酒販店で普通に売られているウイスキーのほとんどを網羅するだろうと思います。

しかし、このブログではバーで飲むプレミアムボトルや入手困難なオールドボトルの他、流通量が少なかったり入手方法がややマニアックなボトルも紹介していくため、価格帯の指標は高価格帯を大きく取っています。


表記の説明

• ☆(〜5000円)

普及品のブレンデッドウイスキーから、大規模蒸溜所のシングルモルトのエントリーボトルまでが含まれる価格帯を想定しています。

この価格帯でウイスキーの製造販売ができるのは、ある程度の資本力を持つ大手企業や生産量の豊富な大規模蒸溜所に限られるので、ボトルの種類も比較的限られます。

中には味わいを犠牲にして安さを追求したボトルも見受けられますが、資本力による大量生産と高い技術力を背景に、低価格と安定した品質とを両立した「洗練された普及品」と呼ぶに相応しいボトルもきちんと存在します。

商品開発に力の注がれる価格帯であり、各社とも厳しい予算制約の中で試行錯誤しながら様々な個性を打ち出しています。また、どのボトルも流通量が非常に多く、入手が容易であることも特徴です。


(〜10000円)

メジャーどころからマイナーどころまで、シングルモルトウイスキー蒸溜所のスタンダード品の大部分の他、大手ボトラーズブランドのエントリーシリーズや、一部のシングルカスクが含まれる価格帯を想定しています。

この価格帯から選べるボトルの種類が格段に増えます。流通量も比較的豊富なので、入手もさほど難しくありません。

この価格帯のボトルを探すと、ウイスキーをこれから飲もうと考えている方の最初の一本にオススメのボトルが見つかるだけでなく、様々なボトルを飲んだ後に再び帰ってくるような、いわゆる「自分の基準となるボトル」が見つかるかも知れません。


★★(〜20000円)

オフィシャルスタンダード品の中でも熟成年数が長く年間生産量の限られたボトルや、ボトラーズブランドの限定シングルカスクを想定した価格帯です。

ボトルの種類が一気に増え、各ボトルとも味わいの個性が明確になってきます。

ボトル選びの楽しさを存分に味わうことが出来ますが、味わいが最も玉石混淆というか混沌としているのもこの価格帯のボトルの特徴です。


• ★★★(〜30000円)

★★★★(〜40000円)

オフィシャルボトルのプレミアム品や一部のシングルカスクリリースの他、ボトラーズブランドの気合の入ったリリースなどが該当します。主に専門店などで入手します。

価格に見合うだけの美味しいボトルもあるものの、個人で購入する場合はコストパフォーマンスについて真剣に考える必要の出てくる価格帯です。

いずれにせよ流通量の限られた特別なお酒ばかりなので、個人で入手する必要があるかはともかくとして、飲み手としての経験値を高める意味でも、一度はウイスキー専門のバーなどでじっくりと味わってほしいボトルが揃います。

ただ、たしかに個人で買うには勇気の要る価格帯とはいえ、様々なボトルとの出会いを経て、「これこそ自分の求める味わいのボトルである」と確信した場合には「出会った時が買い時」であることが多いのも、この価格帯のボトルの非常に悩ましい特徴でもあります。

そうした意味でも、選択と決断を求められる価格帯です。


★★★★★(〜50000円)

オフィシャルボトルの中でも特別な限定品や特別なシングルカスクリリース、ボトラーズブランドの超上級品には、この価格帯のボトルが散見されます。

言うまでもないことですが、美味しくなかったり好みでなかったりすることは最早許されない価格帯になってきます。

そのため、ここから先は理屈ではなく情熱の世界です。買う人が買う、そういうことです。


• E(〜100000円)

Expensive(高い)のEです。オフィシャル、ボトラーズを問わず生産本数や入荷本数僅少の超限定記念ボトルの他、人気の高い閉鎖蒸溜所のボトル、味わいの評価が確定しているオールドボトルの優良品などが該当します。

こうしたボトルを実際に飲んでみたい、または手に入れたいと思った場合、価格にプレミアムが上乗せされていることなどは瑣末な問題で、どこでなら飲めるか、どうすれば入手できるかが最大の関心事になってきます。コストパフォーマンスという概念は存在しないか、各自の心が決めます。

金銭面以外の受難も多く、ニューリリースのボトルでは同じものを抜栓している個人などまず見つからないばかりか、高額過ぎて取り扱っているバーもほとんどないため、味わいを確かめられないまま購入せざるを得ないケースが頻発します。オールドボトルともなると、保管状態の良し悪しでボトル毎の味わいが変化するリスクの他、偽物を掴まされるリスクさえも常に付きまといます。

このように、目に見えるものから見えないものまで大小様々な何らかの犠牲をお金と一緒に支払わなくてはならないのが、この価格帯のボトルの特徴です。


• VE

Very Expensive(超高い)なのでVEです。

上記の諸々を、あらゆる面で超越した方々がお買い上げになるやつです。

しかしウイスキーコレクターになると、何故かこの価格帯のボトルを1本くらいは持っていることが多いんですよ…恐ろしいですね。

• NR(Not Rated)

バーで飲むことが出来たオールドボトルなどで、購入が現実的でなかったり現時点での価格評価が不能なほど稀少なボトル、または購入時と記事掲載時での価格の乖離が余りにも激しいボトルなどについては、価格の評価を行いません。


※2018年4月1日改定:Common(〜5000JPY)の表記を撤廃し、代わりにStandardを〜10000JPYから〜5000JPYへ表記変更しました。それに伴い、¥以降を下限表記から上限表記に変更しました。(10000JPY〜となっていたものを、〜10000JPYのように変えました)
※2018年4月6日改定:★を〜10000円として☆をその半分の5000円を表す表記にしました。